小芝風花、近藤正臣から撮影エピソードを暴露され照れまくり | RBB TODAY

小芝風花、近藤正臣から撮影エピソードを暴露され照れまくり

エンタメ その他

小芝風花【撮影:竹内みちまろ】
  • 小芝風花【撮影:竹内みちまろ】
  • 近藤正臣【撮影:竹内みちまろ】
  • 小芝風花と近藤正臣【撮影:竹内みちまろ】
  • 小芝風花と近藤正臣【撮影:竹内みちまろ】
  • 小芝風花【撮影:竹内みちまろ】
  • 近藤正臣【撮影:竹内みちまろ】
 女優の小芝風花と俳優の近藤正臣が25日、都内にて開催されたヒロシマ8.6ドラマ「ふたりのキャンバス」の試写会イベントに登壇し、仲睦まじいトークを展開した。

 同ドラマは、広島市立基町高校で10年前から行われている高校生と被爆体験証言者による「原爆の絵」の取り組みを題材に、自らの想像を超える体験をした人を分かろうと努力することで成長していく高校生の姿を描く。NHK総合にて、8月1日午後7時30分から(中国地方向け)、8月5日午後3時5分から(全国放送)。

 同作が初主演ドラマになったという小芝は、マイクを持つと、「『原爆の絵』がテーマですので『私にできるのかな』という不安がありました」と告白。共演者やスタッフたちに助けられながら、多くのことを学んだエピソードを振り返った。

 また、小芝は「個人的には2ヵ月ぶりに近藤さんにお会いできてすごく嬉しいです」とにっこり。小芝と近藤は朝ドラ「あさが来た」にて、孫と祖父という役柄を演じたが、「あさが来た」の撮影では小芝と近藤は顔を合わせる機会がなかったため、小芝は同作で近藤に会えることを楽しみにしていたそう。イベントでも、近藤と言葉を交わし睦まじい様子を垣間見せた。近藤は、取材陣から小芝との仲の良さを指摘されると「孫だもん!」と返し、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 撮影現場の様子が話題になると、近藤は「(小芝は)高校生だと思っていました」と明かした。「『私もう、お酒を飲めるようになったのです』という(小芝の)ひと言で血が引きました。本当に高校生だと思っていたのですから」と笑いを誘った。

 さらに近藤は、撮影後に迎えの車に後から乗り込み、車が動き出して、近藤が小芝に声を掛けたらその瞬間に小芝がもう寝ていたエピソードを暴露。近藤は「あれはすごいね。リスみたいだし。“リスうさぎ”がいればそうだな。すぐ寝るよね?」と半ば感心した表情で語った。

 小芝は照れまくっていたが、同乗していたマネージャーから近藤が小芝を食事に誘っていたことを聞いたそう。小芝は「食事に誘われていたことを後から知り、『何で寝たの、私!』とすごく悔しくて。次の日から近藤さんと車に乗っているときは絶対に寝ないと思いました」と言葉にした。しかし、近藤から「でも、寝てました」と暴露されてしまい、一連のやり取りが笑いを誘った。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top