元モデルの新人女子アナ・久慈暁子、“クジパン”で自身初の冠番組 | RBB TODAY

元モデルの新人女子アナ・久慈暁子、“クジパン”で自身初の冠番組

エンタメ その他

初回ゲストの加藤綾子と久慈暁子アナウンサー(右)
  • 初回ゲストの加藤綾子と久慈暁子アナウンサー(右)
  • 久慈暁子アナウンサー
  • 久慈暁子アナウンサー
  • 久慈暁子アナウンサー
  • 加藤綾子と久慈暁子アナウンサー
  • 加藤綾子と久慈暁子アナウンサー
フジテレビ新人女子アナの登竜門的深夜番組「○○パン」シリーズが3年ぶりに復活し、今年4月に入社した元non-noモデルの久慈暁子アナウンサーが10代目“○○パン”に就任。

“カトパン”こと加藤綾子を初回ゲストに招いて、7月3日から冠番組「クジパン」(深夜25:25)をスタートさせる。

久慈は「このお話を聞いた時は嬉しかったけれど、自分が一つの番組として成り立たせることができるのか不安だった。でも自分の名前を付けてもらえたからには、アナウンサーとして番組を回していけるようになりたい」と意気込み十分。

“クジパン”のネーミングに「久慈に“パン”がつくとどう思われるのか…周りに確認したい」と照れると、4代目を務めた加藤は「すんなりと入って来る響き。自分の時は“カトにつくんだ”という衝撃があったので、それに比べたら収まりのいいネーミングだと思う」と太鼓判だった。

5代目“ミオパン”こと松村未央アナはお笑い芸人の陣内智則、6代目“ヤマサキパン”こと山崎夕貴アナはおばたのお兄さんとの熱愛が報じられているが、4代目“カトパン”の加藤は「同期の椿原慶子アナとよく遊んでしまうので、まずはそこから引き離さないと…楽しさにかまけてそういったものがなくなる。同期は仲がいい方がいいけれど、良すぎるのも問題ですね」と恋愛面でもフリー宣言。

一方の久慈も「私なんてこんな感じなので全然。結婚できるかどうかもわからないので。いつかはできればいいけれど、まだまだ新人ですから」と当分の間は仕事が恋人のようだ。
《石井隼人@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top