水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース | RBB TODAY

水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース

エンタメ 音楽

水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース
  • 水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース
  • 水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース
  • 水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース
  • 水曜日のカンパネラ、初Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』をリリース
 水曜日のカンパネラが、初の映像作品Blu-ray『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』を7月26日にリリースすることが発表された。

 同Blu-rayには、今年3月8日に行われた自身初の日本武道館単独公演の模様が収録。オープニング曲「猪八戒」から、アンコールで披露された「ドラキュラ」まで全24曲が網羅されている。水曜日のカンパネラはこれまでもミュージックビデオなど映像作品に注力してきたが、新しい作品をYouTube上にアップロードする手法を取ってきたため、意外にも映像作品としてのリリースはこれまでされていない。ファンからはリリースを待ち望む声が多かった中で、待望の映像作品リリースとなる。

 映像作品をBlu-rayのみで展開するところには、より綺麗な映像と音楽でライブを体感してもらいたいという水曜日のカンパネラのこだわりが。本編全体の映像監督は、過去に「ナポレオン」「アラジン」「ユニコ」、さらに先月配信された新曲「メロス」のミュージックビデオでも監督を務めた山田智和氏が担当しているほか、過去にミュージックビデオやツアーのメイキング映像の監督を務めてきた、岩淵弘樹氏による武道館公演までの裏側に密着した模様を収めた約45分に及ぶメイキング映像も収録。アートワークは、武道館公演のビジュアルデザインも務めた、クリエイターの桑原歓行氏が担当。武道館の八角形をモチーフにしたジャケットデザインとなっている。

 毎回リリースする作品のパッケージにもこだわりを見せている水曜日のカンパネラ。今回も特徴的な仕様となっているが詳細は後日発表されるとのことで、期待が高まる。また、今回の発表にあわせて、山田智和監督が「ビックバン」をテーマに作成したティザー映像も公開された。さらに、音楽ストリーミングサービス「Spotify」の水曜日のカンパネラオフィシャルアカウントでは、武道館公演セットリストのPlaylistを公開されているのでそちらも注目。なお、『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』への収録楽曲一覧は以下の通り。

◆『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』収録楽曲
M1-猪八戒
M2-シャクシャイン
M3-ディアブロ
M4-雪男イエティ
M5-アラジン
M6-桃太郎
M7-アマノウズメ
M8-ライト兄弟
M9-ツイッギー
M10-ウランちゃん
M11-バク
M12-ユタ
M13-ネロ
M14-ユニコ
M15-カメハメハ大王
M16-ツチノコ
M17-マッチ売りの少女
M18-ナポレオン
M19-ミツコ
M20-坂本龍馬
M21-世阿弥
M22-ラー
M23-一休さん
M24-ドラキュラ

《Tsujimura》

関連ニュース

page top