映画『氷菓』に小島藤子、岡山天音が出演決定! | RBB TODAY

映画『氷菓』に小島藤子、岡山天音が出演決定!

エンタメ 映画・ドラマ

映画『氷菓』に小島藤子、岡山天音が出演決定!
  • 映画『氷菓』に小島藤子、岡山天音が出演決定!
  • 映画『氷菓』に小島藤子、岡山天音が出演決定!
 2017年秋に公開の映画『氷菓』の新キャストとして小島藤子、岡山天音が出演することが本日発表された。

 同作は、累計220万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」初の実写化映画。主演、折木奉太郎役を山崎賢人、千反田える役を広瀬アリスが務めることが決まっていたが、小島と岡山の出演はこれに続くキャスト発表となる。

 ストーリーは「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎(山崎賢人)が、部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することからはじまる。そこに一身上の都合で入部してきた美少女・千反田える(広瀬すず)。えるに巻き込まれるかのように、奉太郎は眠っていた推理力を発揮し、学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。ある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼され、旧友であり福部里志(岡山天音)、伊原摩耶花(小島藤子)も加わり、彼らは事件の真相へと迫ってゆく。

 小島は現場の雰囲気について、「心地よい緊張感でお芝居も自由にできました。折木、ちーちゃん、ふくちゃんはとてもお茶目で愉快な人達です。」とすっかり山崎や広瀬ら共演者と打ち解けたことをコメント。「摩耶花をさらに好きになってもらえるように愛を込めましたので、ご覧になっていただけると嬉しいです。」と呼びかけている。また、岡山は「学生服を着る機会が少なくなってきた中で、氷菓のような青春映画の出演が決まった事はとても嬉しかったですし、制服は最後かもしれないと思いました。」と学生服姿も最後に近づいていることについて、なにやら寂しげ。山崎との共演については「十代の頃からずっと一緒に居た賢人と親友役として共演できる事がとてもとても嬉しかったです。」と伝えている。

 今回、続キャストの発表に加えて新たな劇中スチールも合わせて解禁。さらなる続報にも期待が集まる映画『氷菓』は今年秋公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top