ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる | RBB TODAY

ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる

13日にデビュー25周年を迎えたウルフルズ。これを記念して、20日に日比谷野音音楽堂でフリーライブ「ウルフルズ フリーだぜ!!野音で25祭」が開催された。

エンタメ 音楽
ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる
  • ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる
  • ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる
  • ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる
  • ウルフルズ、25周年記念フリーライブを開催!3,000人のファンが酔いしれる
 13日にデビュー25周年を迎えたウルフルズ。これを記念して、20日に日比谷野音音楽堂でフリーライブ「ウルフルズ フリーだぜ!!野音で25祭」が開催された。

 18時に開場すると、皆ダッシュで前方の席を確保し会場は一気に満員に。会場はチケットを入手した3,000人のファンであふれかえった。18時半からライブはスタート。新曲『せやなせやせや人生は』のイントロが流れ、ステージからメンバーが登場をするかと思いきや、なんと会場後方から登場。黄色のジャケットを羽織ったトータス松本、昔からトレードマークであったピンクのマラボ―を首から下げたギターのウルフルケイスケ、黄色のシャツに白いジャケットを羽織ったベースのジョンB、黄色のベストを着たドラムのサンコンJr.、それぞれが黄色をポイントにした衣装を着て登場した。このサプライズ登場に、会場からは歓声が。ウルフルズのメンバーは、それぞれ会場に集まったファンに手を振ったり、ハイタッチをしながら、会場をゆっくり練り歩き、ステージに上がった。

 まずは92年のデビュー曲『やぶれかぶれ』からスタートし、ライブで演奏するのもかなり久しぶりな『すっとばす』、人気曲『借金大王』、『ガッツだぜ!!』『バンザイ~好きで良かった~』『笑えれば』などヒット曲を惜しみなくパフォーマンスすると、会場のファンの盛り上がりは最高潮に。MCではそれぞれが25周年の感謝の気持ちを伝えるなか、サンコンJr.は「ただ頑張って音楽やっていたら、25年が経っていました。こうやって、今、自分で言えているのがいいなと思います」と振り返った。

 その後は、4年半の活動休止を経て2014年に復活した際、一発目に世に打ち出した『どうでもよすぎ』を演奏し、24日にリリースされるアルバム『人生』から『せやなせやせや人生は』、そして本編最後にはアルバムのリード曲『バカヤロー』を熱唱。25周年をお祝いしようと集まったファンは、この『バカヤロー』をしみじみと聴き入り、涙を拭う者もいた。

 本編終了後、会場ではファンにはお馴染みのアンコールがわりの「A・A・P(アホアホパワー)!!!」コールが鳴り響き、再度メンバーが登場。そしてやはり最後は、ライブの大定番ラストソング『いい女』を演奏。今回、会場に入ることのできた3,000人のファンともにこの25周年をお祝いする事ができたことに感謝を伝え、温かい大歓声の中、ライブは幕を閉じた。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top