坂上忍、二階幹事長発言に「親分までも......」 | RBB TODAY

坂上忍、二階幹事長発言に「親分までも......」

エンタメ その他

坂上忍、二階幹事長発言に「親分までも......」
  • 坂上忍、二階幹事長発言に「親分までも......」
 28日放送の『バイキング』(フジテレビ)は、東日本大震災についての失言で復興相を辞任した今村雅弘議員の件に関し、マスコミを批判した二階俊博幹事長について取り上げた。

 同番組ではこの今村議員、二階幹事長の失言を『失言スパイラル』と表現。この日の出演者でタレントの荒木由美子は、今村議員と同じ佐賀県出身。荒木は今村議員を「スーパースターなわけですよ、よくぞ佐賀から大臣になった、という」と形容。佐賀県民が今村議員を「大喜びで見てるわけですよ、今後どういうことをやってくれるか、って。それが......『恥ずかしか、なんてことを言うとっとね』って......」と、今では佐賀県民が怒りで打ち震えていると明かした。

 また、二階幹事長がマスコミについて「一行でも悪いところがあったら首を取れ(と報道する)」、そういう思惑の人は「はじめから排除して(会場に)入れないようにしなきゃ」と批判したことについて坂上忍は「(今川議員の)親分にあたる人までも......」と呆れ顔。東国原英夫も「政治家の信頼回復のために、こういう発言は謹んでもらいたい」と語気を強めた。

 坂上はこの度重なる政治家の失言問題は、政治家の本音が出てしまったと発言。「本音は性根でもある」と、化けの皮が剥がれたら今回のように周りがカバーするのにも限界があると語ると、「この一件で国会審議がストップして、大事な法案が下手したら廃案になるかもしれない。森友問題から、一体何をやっているのか......」と声を震わせた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top