土屋太鳳と片寄涼太が第9回沖縄国際映画祭に登場!レッドカーペットイベントにも参加 | RBB TODAY

土屋太鳳と片寄涼太が第9回沖縄国際映画祭に登場!レッドカーペットイベントにも参加

エンタメ 映画・ドラマ

土屋太鳳と片寄涼太が第9回沖縄国際映画祭に登場!レッドカーペットイベントにも参加
  • 土屋太鳳と片寄涼太が第9回沖縄国際映画祭に登場!レッドカーペットイベントにも参加
  • 土屋太鳳と片寄涼太が第9回沖縄国際映画祭に登場!レッドカーペットイベントにも参加
 映画『兄に愛されすぎて困ってます』は、6月30日に全国公開。このほど、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」にて、同作ドラマ特別編集版が上映され、橘せとか役の土屋太鳳、橘はるか役の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)による舞台挨拶が行われた。

 「兄に愛されすぎて困ってます」は、告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)に突如モテキが訪れるストーリー。せとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか(片寄涼太)で、2人は血がつながっていない兄妹だが、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。 そんな中、せとかの同級生で癒し系ヘタレ男子な国光(杉野遥亮)の兄であり初恋の相手、超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)が数年ぶりに現れて、せとかに急接近する。さらに、いつも甘い言葉でせとかをお姫様扱いしてくれる年上の先輩・美丘千秋(草川拓弥)まで現れ、突如訪れた人生初のモテキにせとかは戸惑いを隠せず・・・という内容。

 満席の会場に橘せとか役の土屋太鳳、橘はるか役の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登場し、挨拶すると、2人の登場を待ちわびた観客からは割れんばかりの大歓声が。MCから、互いの印象を聞かれると、土屋は「お兄がせつない演技をしている時の目がすごくせつなくてなんでこんなせつない目ができるんだろうって。」「完璧なお兄」などとコメント。一方の片寄は、「撮影で一緒になった初日に、お兄って呼んでいいですか?と言われてそこから、ああなるほど!って。」などと答えた。土屋は、お兄と呼ぶことを最初から決めていたそうで、片寄もこうした土屋の配慮にあわせて、兄弟の距離感を表現することに意識を置いていたようだ。

 また、MCから常に恋にまっしぐらなせとかの印象を聞かれると、土屋は自身の恋愛観とは少し異なると前置きをしながらも、「本当の自分を知るためにいろんな人と出会って、いろんなお話をするところが、せとかちゃんに少し似てるかなと思います。」と共通点をコメント。一方の片寄は、MCからそんなせとかに恋をする難しい役どろこであることを振られると、「僕は兄弟もいないので、兄弟っていうのはどういったものであるのか正直せとかとの距離感しか知らないんです。」と答えた。撮影中には、パーソナルな話をすることで、せとかにより愛情を持つことができるよう、工夫したエピソードも明かしたが、やはりそこは難しい役どころ。「妹に対する愛が本当に『妹』に対する愛だったのか、『女性』として見ての愛だったのかというのはどうなのかは最後までわからなくていいのかなと思いました。」(片寄)と、自身の解釈も伝えている。

 さらに、2人は沖縄国際通りで行われたレッドカーペットイベントにも参加。土屋はピンクのドレスにドラマの劇中でも使用している花かんむりというキュートな出で立ち、一方の片寄はシックなタキシード姿で会場入りし、沿道に集まった多くの観客からのサインに応じるなど、一つ一つ丁寧にファンの声援に応えた。映画『兄に愛されすぎて困ってます』は6月30日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top