春風亭昇太、「自分がいつまでたっても大物感が出ない」と悩み | RBB TODAY

春風亭昇太、「自分がいつまでたっても大物感が出ない」と悩み

エンタメ その他

 14日放送の『A-Studio』(TBS)に、落語家の春風亭昇太が出演。自らが司会を務める『笑点』についてMCの笑福亭鶴瓶と語り合った。

 「いつまでたっても大物感が出ないんですよね」とバラエティ番組での居心地の悪さを明かす昇太に、「『笑点』の司会やろ。ということはあの連中らを束ねてる長やんか!」と鶴瓶は激励の一言。しかし腰が低い昇太は「束ねてるって完全に束ねてないですからね」「束ねられない人が多すぎるから」と、『笑点』は個性的過ぎるメンバーゆえまとめきれないと告白した。

 『笑点』メンバーたちは昔も今も変わらずの個性派揃い。鶴瓶は三遊亭好楽が、弟子と一緒にお酒ばかり飲んでいる「怠け者」だと暴露。また、三遊亭小遊三は、近年落語界以外の人が落語を披露するようになったことについて「とうとう落語が、楽だって言うことがわかったんだねぇ。ばれちゃったよ~」と、まるで落語が簡単であるかのように語っていたという。

 鶴瓶から『笑点』の仕事を「楽しいんやろ?」と聞かれた昇太は「楽しいんですよ。本当に不思議な生き物を扱ってるみたいな」「エサを渡して、それまたパクパクパクパクよく食べるんですよあの人たち」と満面の笑みで語っていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top