神木隆之介、高橋一生に「色気ってどうやって出すんですか?」 | RBB TODAY

神木隆之介、高橋一生に「色気ってどうやって出すんですか?」

エンタメ 映画・ドラマ

神木隆之介(撮影:編集部)
  • 神木隆之介(撮影:編集部)
  • 高橋一生(撮影:編集部)
  • 清原果耶(撮影:編集部)
  • 大友啓史監督(撮影:編集部)
  • 3月のライオン【後編】舞台挨拶(撮影:編集部)
  • 高橋一生(撮影:編集部)
 映画『3月のライオン【後編】』が22日公開となる。13日には都内で特別試写会が開催され、神木隆之介、高橋一生、清原果耶、大友啓史監督が舞台挨拶に登場した。

 映画の反響を聞かれた神木は「仲間や友人からすごくよかったよ、と言われます」と回答し、東出昌大からも「すごくよかった」と言われたと話し「でっくん(東出)の家で将棋をやったんですけど、ほんとすっごい強くて」とのエピソードも披露した。作品の見どころについては「後編は女性も戦ってます。それぞれが人間として、いろんなものを抱えて生きていると感じるのが後編です」とアピールした。

 さらに、神木は完成した映画を見終わったあと「親とゆっくり話したいなと思った」としみじみ振り返った。親とぶつかったときのことを紹介しながら「ふとまわりを見てみると、家族も友人も恋人も、自分の居場所を作ってくれていたんだなと思います」と話し、それぞれが大切なものをみきわめながら戦っている後編につながるコメントをした。高橋は「前編、後編を通して桐山雫(神木)の目が鮮やかになっていきます。(それは)対局する相手と向き合っていくことが、自分を生かしていると桐山が気づいていくこと。自分は人生に愛されていると気づいていくんだと思います」とコメント。

 トークのなかでは神木が高橋に「どうしたら、そんなに素敵に生きられるのか」「色気をどうやって出すのか」を質問するシーンもあった。高橋は「(神木のように)役になりきってそこにいることができるのは稀有な存在。僕は言うことはありません」と謙遜。色気については「(自分で)意識しないことですよ」と話すと、会場から「おおおっ」と、さすがとばかりの声が上がった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top