長瀬智也主演の日曜劇場『ごめん、愛してる』が7月スタート | RBB TODAY

長瀬智也主演の日曜劇場『ごめん、愛してる』が7月スタート

エンタメ 映画・ドラマ

長瀬智也主演の日曜劇場『ごめん、愛してる』が7月スタート
  • 長瀬智也主演の日曜劇場『ごめん、愛してる』が7月スタート
 TBSでは、2017年7月より長瀬智也主演の日曜劇場「ごめん、愛してる」を放送する。

 このドラマは2004年に韓国KBSテレビで制作され、「冬のソナタ」をしのぐ29.2%の最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした作品。当時韓国で大ブームとなった究極のラブストーリーを、2017年に舞台を移し日本人キャストで紡いでいく。

 誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った。そして、運命の出会いが。男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る。愛する人を求め、母親を求める男の物語幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所は、もはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる・・・。ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。

 しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた・・・。これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。そして、かつて自分が産んだ子がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。律・凛華・サトル、そして律・サトル・麗子。2つの三角関係が交差するこの夏一番切ないラブストーリーだ。

 日曜劇場「ごめん、愛してる」は、TBS系列にて2017年7月期に、21時より放送開始。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top