実写映画「鋼の錬金術師」の最新予告映像はアルの戦闘シーンやエドの錬成シーンなど収録 | RBB TODAY

実写映画「鋼の錬金術師」の最新予告映像はアルの戦闘シーンやエドの錬成シーンなど収録

エンタメ 映画・ドラマ

実写映画「鋼の錬金術師」の最新予告映像はアルの戦闘シーンやエドの錬成シーンなど収録
  • 実写映画「鋼の錬金術師」の最新予告映像はアルの戦闘シーンやエドの錬成シーンなど収録
 実写映画「鋼の錬金術師」は、12月1日公開。今回、その最新予告映像が公開された。

 同映画は、最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーを描いた作品。主演・山田涼介に加え、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多といった面々が出演する。

 最新映像は、少年時代の兄弟のシーンからスタート。錬金術の天才的な才能を持つ幼い兄弟は、亡き母親に会いたいという一心から、“人体錬成”の理論にたどりつく。弟のアルは躊躇するが、エドは「もう一度母さんに会いたくないのか?」とエドに問い、アルは戸惑いながらも同意。しかしそれは、決して踏み入れてはならない、禁断の錬金術だった。錬成は失敗。エドは左脚を、アルは身体すべてを代価として”持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き換えに、アルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功したのだった。弟の身体を元に戻すために命をかけるエドと、鎧姿となってしまった心優しい弟のアル。奪われてしまったすべてを取り戻すため、兄弟の壮大な冒険の旅が始まる。

 解禁された映像では、エドの鋼の義肢“機械鎧(オートメイル)”、先日解禁された場面写真が大きな話題となったアルの石獣と戦う姿、そしてエドが武器を錬成するシーンなど、ファン待望の初出し映像が満載。錬金術を駆使した壮大で圧巻のアクションを予感させる内容となっている。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top