大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で | RBB TODAY

大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で

エンタメ 映画・ドラマ

大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で
  • 大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で
  • 大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で
  • 大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で
  • 大塚愛が11年ぶりにドラマ出演!「嫌われる勇気」に婦人警官役で
 現在フジテレビで放送中の木10ドラマ「嫌われる勇気」。その第9話に、主題歌を担当している大塚愛が出演することが決まった。

 大塚のドラマ出演は、昨年、ドラマのポスター撮影の現場に大塚が訪れた際、ドラマプロデューサーからオファーをしたことが発端だそう。その後、今年の2月14日に「ビルボードライブ東京」で行われた大塚のピアノ弾き語りライブ「AIO PIANO vol.4」に、同ドラマの主演を務める香里奈がサプライズ出演を果たした際、香里奈から改めて大塚にオファーをし、実現に至った。大塚が映像作品に出演するのは、2006年8月公開の映画「東京フレンズ The Movie」以来、およそ11年ぶりのこと。

 先月、ライブ会場で、香里奈からオファーを受けた際には、「木とか電柱の役なら“あり”かなと思うんですけど(笑)、出ない方がいいんじゃないですかね(笑)」と謙遜していた大塚。そんな大塚に用意された役は、総務部に所属する婦人警官という役柄。香里奈演じる蘭子が、8係に戻ってきた廊下で大塚演じる婦人警官とぶつかるという設定で撮影が行われた。

 「(私のお芝居のせいで)終わらなかったら、どうしようと思っていた(笑)」と語った大塚だが、映像作品への出演が11年ぶりとは思えないナチュラルな演技を見せ、撮影は順調に終わったそうだ。香里奈は大塚の婦人警官役について「逆に、“何か、問題ありましたか?”と聞きたくなるくらい、自然に堂々とされていましたね」と絶賛。また8係の男性陣が、女性ゲストなどが現場にいると「今日はいつもと違って華やかだな」と言うことに対して「私もいるんだけどなぁといつも思っているんです」と共演俳優たちに向けてチクリ。最後に大塚は今回のドラマ出演について「もし、『嫌われる勇気』のパート2があった際には、今度こそ“木の役”で出演します!」とコメントした。

 大塚は第9話のどのシーンに登場するのか、そして自身初という婦人警官の制服姿に注目だ。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ記事

特集

page top