トヨタ、最新の自動運転実験車を公開…高精度地図に過度に依存しないシステム | RBB TODAY

トヨタ、最新の自動運転実験車を公開…高精度地図に過度に依存しないシステム

IT・デジタル その他

トヨタの最新の自動運転実験車(レクサスLSベース)
  • トヨタの最新の自動運転実験車(レクサスLSベース)
  • トヨタの最新の自動運転実験車(レクサスLSベース)
  • トヨタの最新の自動運転実験車(レクサスLSベース)
米国で人工知能(AI)などの研究開発を行うトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は3月3日、米国カリフォルニア州において、最新の自動運転実験車を初公開した。

今回の実験車は、2013年のCESで初公開した自動運転テスト車両を改良したもの。ベース車両のレクサス『LS』のドライブ・バイ・ワイヤ技術のインターフェースを実装。センサーの付け替えなど、柔軟に改良を加えることが可能な実験車両とした。

高い演算能力を備え、周辺認識システムや機械学習能力も強化。また、当面は高精度の地図情報が存在しないエリアでも自動運転を使用することが想定されるため、高精度地図に過度に依存しないシステムも構築するために、今回の実験車ではライダーやレーダー、カメラなどのセンサー能力を強化している。

今後TRIでは、実験車の走行試験から得られる技術データを蓄積。完全自動運転と高度運転支援の研究開発に役立てていく方針。TRIのギル・プラットCEOは、「この実験車は、ドライバーの運転習慣を学ぶ。さらに、データ収集やコネクティッド技術の進展に応じて、他の車両から共有される情報を活用するなどして、だんだん賢くなっていく」と述べている。

トヨタ、最新の自動運転実験車を公開…性能向上

《森脇稔@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top