週末は大雪に警戒を!気象庁、注意喚起 | RBB TODAY

週末は大雪に警戒を!気象庁、注意喚起

ライフ その他

週末は大雪に警戒を!気象庁、注意喚起
  • 週末は大雪に警戒を!気象庁、注意喚起
  • 週末は大雪に警戒を!気象庁、注意喚起
 週末の日本は荒れ模様となりそうだ、気象庁は13日5時30分、「大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第8号」を発表した。

 これによれば、15日頃にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪や高波に警戒する必要があるほか、14日から15頃にかけて、北日本や西日本の日本海側を中心に、局地的な暴風雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害が発生する可能性、14日は太平洋側の平地でも大雪となるおそれがあるなどと注意喚起がされている。

 こうした状況をもたらしたのは、日本の上空約5,000メートルに流れ込んだ、氷点下39度以下の寒気。日本付近は、北日本を中心とした強い冬型の気圧配置に覆われている。さらに、この冬型の気圧配置は、14日から15日かけてさらに強まる。北日本の上空約5,000メートルには氷点下42度以下、東日本には氷点下39度以下、西日本にも氷点下30度以下の強い寒気が流れ込む。

 なお、すでに東日本や東北地方の日本海側を中心に、大雪となっているところがあるが、14日にかけては、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みで、太平洋側の平地でも局地的に大雪となるおそれがあると伝えられている。

 本稿執筆時点における降雪量の予報は、以下の通り。

■14日6時までの24時間に予想される降雪量

・北陸地方:90センチ
・東海地方、関東甲信地方:60センチ
・東北地方:50センチ
・近畿地方:40センチ
・北海道地方、中国地方:30センチ    

■15日6時までの24時間に予想される降雪量

・北陸地方:100から120センチ
・東北地方、東海地方、関東甲信地方:50から70センチ
・近畿地方、中国地方:40から60センチ
・北海道地方:20から40センチ

 なお、その後15日頃にかけて、降雪量はさらに多くなる見込みであるとされているほか、雪を伴った強い風に対しても、注意が呼びかけられている。こうした状況から、国土交通省は、不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤやチェーンの早めの装着をするよう案内している。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top