松本人志、SMAP解散騒動は「もやもや感を残したのが残念」! | RBB TODAY

松本人志、SMAP解散騒動は「もやもや感を残したのが残念」!

エンタメ 映画・ドラマ

松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 『ワイドナショー』(フジテレビ)の元旦特別番組『ワイドナショー元旦SP』で、松本人志がSMAPの解散報道についてや、芸能界での事務所とテレビ局の力関係について疑問を呈する場面が合った。

 SMAPについて、「こんだけ惜しまれて解散グループはいない。変な言い方ですがいちタレントとして羨ましいなと思う」と発言した松本。しかし、SMAPの解散理由について長く騒がれてしまったのは、一般の視聴者に「疑問が完全に解決していないから」と断言。解散については「誰かのことを悪く言わないと説明がつかない」にもかかわらず「アイドルなのでイメージが凄く大事で、解散の理由を明確にするとイメージをダウンさせないとしょうがなくなってしまう」ために余計に「もやもや感を皆さんに残してしまったのが残念」と分析した。

 また、テレビが抱えるジレンマについても言及。事務所とワイドショー側の「力関係」が大きく、「大きい事務所のニュースやスキャンダルはあつかえなかったりすることがある」と芸能界の裏側を暴露する場面も。

 「ネットで散々上がっているのにワイドショーで扱わない」ことから、「一般の人には(そういった芸能界の力関係は)もうばれている」と前置きし、「この違和感はテレビ業界の人たちにもうそろそろ気づいてほしい。じゃないとテレビはどんどん時代遅れになっていくし、芸能界は変な世界だな、と(認識されて)一般社会と離れていってしまうのが悲しい」と芸能界の慣習についての疑問とその影響、そして松本の言葉を借りれば「(大事務所のスキャンダルには)触れないことの残念さ」について熱く語った。

 松本は「一番損するのはタレントで、芸能界をどんどん信用してくれなくなる」とこの問題の現実的な側面についても断言。「そこを、(ワイドナショーとして)しっかり扱えるようになりたい」と今年のワイドナショーとしての抱負をきっちりと明言した。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top