東武鉄道、119駅に案内用タブレット端末導入へ | RBB TODAY

東武鉄道、119駅に案内用タブレット端末導入へ

IT・デジタル モバイル

iPadで利用者への案内を行っている駅員のイメージ。12月20日から本格的に導入される。
  • iPadで利用者への案内を行っている駅員のイメージ。12月20日から本格的に導入される。
  • 既に導入済みの駅(黒丸)と、新たに導入される駅(赤丸)。
東武鉄道は12月15日、東武線の主な駅に利用者案内用のタブレット端末を導入すると発表した。急増する訪日外国人観光客への案内の強化などを図る。

発表によると、東武は2015年12月から一部の駅でアップル社のタブレット端末「iPad」を導入し、試験運用を実施。12月20日から本格導入することにした。

伊勢崎線(東武スカイツリーライン)や東上線の計119駅に、「iPad Air 2」を129台導入。音声翻訳アプリ「VoiceTra」を使って多言語での案内を行い、訪日外国人観光客への案内を強化するという。

東武鉄道、119駅に案内用タブレット端末導入 12月20日から

《草町義和@レスポンス》

特集

page top