鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」 | RBB TODAY

鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」

日本ポステックは13日、クラウドファンディングCAMPFIREにおいて、もしものときに充電できるキーアクセサリー「nipper」の出資受付を開始している。

IT・デジタル スマートフォン
鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
  • 鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
  • 鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
  • 鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
  • 鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
  • 鍵と一緒に持ち歩ける小型の非常用スマホ充電アイテム「nipper」
 日本ポステックは13日、クラウドファンディングCAMPFIREにおいて、もしものときに充電できるキーアクセサリー「nipper」の出資受付を開始している。

 相手と待ち合わせをしているときや、スマホで地図を見ているとき、重要な電話をしているときなど、「あと1分でいいから…」といった場面で、スマートフォンのバッテリーが切れることがある。もちろん、モバイルバッテリーを常時持ち歩いていれば万事解決なのだが、そんなときに限って、モバイルバッテリーを忘れていたり、充電が切れていたりするものだ。

 「nipper」はそんなときの救世主として開発。キーアクセサリーなので、自宅の鍵などと一緒にまとめて持ち歩くことができるし、単三電池2本を使って充電するので、100均などで電池を購入すればOKだ。コンビニなどでモバイルバッテリーを新たに買い直すのと比べれば、安価で済む。使い方は、本体を開き、単三電池を取り付けて、スマートフォンなどの充電口に差し込むのみ。アルカリ単三電池2本で、約3時間の通話、最大で約20%の充電が可能となっており、応急処置としては十分といえる(※電池・機種によって異なる)。出力用端子はmicroUSBタイプ(Android他)のみとなっているので、iPhoneなどの充電には別途ライトニング変換コネクタが必要である点には注意が必要だ。

 カラーはレッド・ブラック・ホワイト・ブルーの4色がラインナップされており、本体サイズは48 × 17 × 17 mm、重量は約11グラムと小型・軽量だ(※電池装着時のサイズは、70 × 37 × 17 mm)。本体価格は2,480円(税込)だが、現在は早期割引が適用され、1,780円(税込)から購入が可能となっている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top