初期費用なし&月額1万円からのマルチ用途の屋外監視サービス | RBB TODAY

初期費用なし&月額1万円からのマルチ用途の屋外監視サービス

 日本ユニシスは1日、2012年から「踏切監視サービス」として提供してきた映像監視サービスをリニューアルし、新たに「スマートユニサイト」として同日より提供を開始すると発表した。

IT・デジタル セキュリティ
映像監視サービス「スマートユニサイト」のサービスイメージ。カメラの制御ユニットには屋外環境に強い「CoralEdge」を採用。またIoTプラットフォーム「SORACOM」によりセキュアで安価なモバイル通信を実現する(画像はプレスリリースより)
  • 映像監視サービス「スマートユニサイト」のサービスイメージ。カメラの制御ユニットには屋外環境に強い「CoralEdge」を採用。またIoTプラットフォーム「SORACOM」によりセキュアで安価なモバイル通信を実現する(画像はプレスリリースより)
  • 同サービスの映像再生機能。専用の監視用ソフトウェアなどをインストールしなくても、ブラウザベースで映像の遠隔監視が行える(画像は公式Webサイトより)
 日本ユニシスは1日、2012年から「踏切監視サービス」として提供してきた映像監視サービスをリニューアルし、新たに「スマートユニサイト」として同日より提供を開始すると発表した。

 日本ユニシスはこれまで、主に鉄道事業者向けの映像監視サービスとして「踏切監視サービス」を提供してきた。しかし昨今では太陽光発電施設、駐車場、夜間の建設現場など、さまざまな屋外現場で映像監視のニーズが高まっていることから、これまでのノウハウを生かし新たな映像監視サービスとして「スマートユニサイト」の提供を開始する。

 同サービスはストリーミング型のリアルタイム映像監視ではなく、ユーザーリクエストまたはセンサーなどからのイベント入力に連動したオンデマンド映像監視となる。映像の記録にはクラウドとモバイル回線を使用。電源を確保した上で通信モジュールが一体となったカメラを監視現場に設置するだけで同サービスを利用できる。

 カメラには各種センサーからの入力接点を備え、センサーと連携して有事の映像を自動的にクラウドに送信。カメラ内部には1週間程度の映像を保存可能で、見たい日時を指定しリモートで映像を取得することも可能だ。

 また、リニューアルに際し、ユーザーからの要望が多かった「警察機関から映像提供の協力を求められた際の対応負荷軽減」を目的として、第三者へ簡単に映像提供できる機能を搭載。さらにカメラ画質や画像の取得頻度などの設定を自由に変更できる機能も搭載した。

 月額利用型のサービスで、月額費用はカメラのレンタル費用、通信費用、クラウド利用費用のすべてを含めて10,000円から。2020年度までの5年間でカメラ5,000台のサービス契約数を目指す。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top