人気アプリ「ねこあつめ」が映画に!伊藤淳史主演で来年公開 | RBB TODAY

人気アプリ「ねこあつめ」が映画に!伊藤淳史主演で来年公開

 人気ゲームアプリ「ねこあつめ」が『ねこあつめの家』のタイトルで映画化され、2017年に全国公開されることが決定した。

エンタメ その他
(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
  • (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
  • (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
 人気ゲームアプリ「ねこあつめ」が『ねこあつめの家』のタイトルで映画化され、2017年に全国公開されることが決定した。

 「ねこあつめ」は2014年10月にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ。庭先に訪れる猫たちを眺めて楽しむゲームだが、猫あるあるを盛り込んだ内容にファンが急増。CNNでも特集されるなど世界中で愛されるアプリとなった。

 映画の主人公はスランプ中の小説家、佐久本勝。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子の上がらない彼のもとに、1匹の猫がやってくるところから物語は始まる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然興味が湧いてくる佐久本。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

 佐久本勝を演じるのは、『映画 ビリギャル』で、 第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の水田正平役や、ドラマ「電車男」の主人公役などシリアスからコメディまで幅広くこなす演技派・伊藤淳史。

 伊藤淳史は「猫が、佐久本を変え、大切な人を大切だと気付かせてくれて、未来を感じられる作品になっていると思います。僕自身、現場で猫と触れ合い、とても癒され、元気をもらいました!命ある存在は、やはり不思議な力を持っていて、希望を与えてくれると、心から感じました。世代を問わず、あらゆる方に観て頂きたいと思っています。観終わった後に、心が温まり、今日よりも明日を見つめられるようになる、そんな作品になってると思います」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top