監視カメラの不正操作などを防ぐ!IoT向けセキュリティSIMをKDDIが開発 | RBB TODAY

監視カメラの不正操作などを防ぐ!IoT向けセキュリティSIMをKDDIが開発

 KDDIとKDDI総合研究所は20日、SIMを活用したIoTセキュリティ技術の開発を発表した。

IT・デジタル セキュリティ
SIMを活用したIoT機器通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初。SIMは高いセキュリティ耐性を持ち、暗号鍵を発行するアプリを組み込むことで安全な通信路を構築できるため、外部からの不正改竄などを排除することができる(画像はプレスリリースより)
  • SIMを活用したIoT機器通信向け暗号鍵管理技術の開発と遠隔保守の実証は世界初。SIMは高いセキュリティ耐性を持ち、暗号鍵を発行するアプリを組み込むことで安全な通信路を構築できるため、外部からの不正改竄などを排除することができる(画像はプレスリリースより)
  • SIMとIoT機器との間で共通鍵を共有する方法(画像はプレスリリースより)
  • サーバーとIoT機器が安全に通信するためのSIMからIoT機器へ公開鍵証明書を発行する方法(画像はプレスリリースより)
  • SIMとIoT機器の相互認証と公開鍵証明書の発行シーケンス(画像はプレスリリースより)
  • SIMのアプリ領域への暗号鍵発行アプリの組み込みと遠隔保守(画像はプレスリリースより)
 KDDIとKDDI総合研究所は20日、SIMを活用したIoTセキュリティ技術の開発を発表した。

 一般的にSIMは高いセキュリティ耐性を持っており、同技術は、そうしたSIMのセキュリティ耐性を活用し、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリを組み込むことで、IoT機器への共通鍵や公開鍵証明書を安全に発行する。

 これにより、無防備なインターネット通信をSIMを介した暗号鍵を使ったセキュリティの高い通信を実現し、不正な遠隔操作やなりすましを防止する事が可能となるとのこと。

 また、IoT機器向けの暗号鍵を発行するアプリは、遠隔設定・解除が可能なため、IoT機器の認証や暗号通信、電子署名の発行などの遠隔保守が可能となり、遠隔操作やソフトウェアアップデートなども安全に利用することができる。

 同社では利用事例として、監視カメラや災害観測インフラでの通信の安全化と遠隔保守、家電製品のリモートアップデート、いわゆるスマートロックと呼ばれているスマートフォンを利用した自宅の鍵の開閉制御などを想定している。

 IoT時代の到来に際して、IoT機器の1つとして、監視カメラ(ネットワークカメラ)にも注目が集まっているが、一方でデータ盗聴などによる情報漏洩リスクへの危惧も指摘されている。同技術が、今後、どのように監視カメラのセキュリティに貢献してくるかも注目していきたい。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top