暗くなると自動で暗視モードに!通話が可能な「スマカメ 話せるナイトビジョン」 | RBB TODAY

暗くなると自動で暗視モードに!通話が可能な「スマカメ 話せるナイトビジョン」

IT・デジタル セキュリティ

日中は遠隔から音声で連絡ができ、夜間は赤外線で暗所監視が可能。工場や倉庫での使用に適している(画像はプレスリリースより)
  • 日中は遠隔から音声で連絡ができ、夜間は赤外線で暗所監視が可能。工場や倉庫での使用に適している(画像はプレスリリースより)
  • 赤外線LEDで光源のない完全な暗所での撮影が可能。光センサーで周囲の明るさを感知し、暗くなると自動で暗所モードに切り替わる(画像はプレスリリースより)
  • カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵。通話方式は専用スマホアプリの画面をタップしながら話すプッシュ・トゥ・トークとなる(画像はプレスリリースより)
  • 用途に合わせた同社の「スマカメ」シリーズと監視システム構築ソフト「スマカメPro」により、手軽に本格的な監視・防犯システムを構築できる(画像はプレスリリースより)
 プラネックスコミュニケーションズは22日、マイクとスピーカーによる音声通話機能と赤外線LEDによる暗所撮影機能を搭載したネットワークカメラ(IPカメラ)「スマカメ 話せるナイトビジョン CS-QR22」を26日から発売する。

 カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵し、遠隔地とカメラ間で直接声のやり取りができることを特徴としている。通話形式はプッシュ・トゥ・トークで、専用スマートフォンアプリのマイクアイコンをタップしながら話しかけると、カメラのスピーカーから音声が流れるという形になる。

 また、赤外線LEDを搭載しているため、夜間の倉庫や工場など光源のない完全な暗所でも撮影することもできる。光センサーで周囲の明るさを感知し、暗くなると自動で暗視モードに切り替わるため、特別な操作を必要とせずに昼夜の監視が可能だ。

 そして動体検知機能も搭載しており、侵入者、荷崩れなど、映像監視中の異常発生を検知して、録画開始したり、アラートによる通知ができる。

 映像は、本体に搭載する32GBのmicroSDカードに約1週間分の録画が可能。また、手軽に本格的な監視・防犯システムを構築できる同社のWindows用ソフト「スマカメPro」にも対応している。

 センサーは100万画素で、解像度はHD720p(1,280×720ピクセル)。圧縮方式はH.264、無線LAN規格はIEEE802.11n/g/bに対応。価格はオープンで、Amazonでの実勢価格は11,800円(税込)。主に工場や倉庫等での使用を想定している。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top