Facebook、ユーザー側で広告の閲覧設定管理ができるツールの機能を拡張 | RBB TODAY

Facebook、ユーザー側で広告の閲覧設定管理ができるツールの機能を拡張

IT・デジタル モバイル

Facebook(C)Getty Images
  • Facebook(C)Getty Images
  • Facebook (C) Getty Images
  • Facebook (C) Getty Images
 Facebookは9日、ユーザーが自身のニュースフィードに表示される広告の設定を管理できるツールの機能を拡張すること、および広告ブロック機能のアプローチに変更を加えることを発表した。

 広告というのは難しいもので、ユーザーは興味関心の高い広告については、積極的にクリックして閲覧するが、自分にとって関連性の低い広告や、自分のオンライン上での体験を邪魔されるような広告を見ることは、決して好まず、むしろ嫌悪感を抱くことすらある。こうした現状は、広告の出稿側、閲覧側ともに幸せでない。Facebookはこの点について研究し、利用者が自身のニュースフィードに表示される広告の設定を管理できるツールの機能を拡張したとしている。

 管理ツールでは、特定の分野についての広告が表示されたくない場合は、広告設定で該当する分野を削除することができ、また自分が顧客リストに入っている企業や団体からの広告を表示されたくないという声も上がっているため、これを設定できるツールも導入するとしている。

 今回のツールの導入/機能拡張に伴い、Facebookは広告ブロックソフトを使用しているユーザーのFacebookデスクトップにも広告の表示を開始するとしており、広告ブロック機能のアプローチとして、新たな方向性を示していくことを明かしている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top