田中れいな、モー娘。時代に道重さゆみと話したのは10年後だった | RBB TODAY

田中れいな、モー娘。時代に道重さゆみと話したのは10年後だった

エンタメ その他

モー娘。を卒業した道重さゆみ
  • モー娘。を卒業した道重さゆみ
 有吉反省会に元モーニング娘。の田中れいなが登場し、今だにヤンキー感が抜けないことを告白した。

 本人によると小学生のころから金髪、ピアスをあけたのも小学6年生の時で根っからのヤンキーだった。普通は成長するにつれ、芸能人としてヤンキー感が抜けていくものだが、元ヤン感が抜けないと評された。

 小学生の時からモーニング娘。を応援していたという指原莉乃は「(モー娘。)は絶対にトイレにもいかないしとか思っていたけど、れいなちゃんだけは男いるだろうと思っていた」とコメントしてスタジオを盛り上げた。さらに、田中れいなが「モー娘。時代、他のメンバーと全然仲良くしようとしなかった」と告白すると、それを聞いていた指原が「ショック!」と感想を漏らした。仲良かったのは中澤裕子で、道重さゆみとは全く仲良くなかったという。「やっと、さゆがリーダーになってから、ちゃんと話し合うようになりました」「しゃべりだしたのが10年後?」(田中)。田中は10年4ヵ月モー娘。に所属していたので、有吉から「じゃあ、4ヵ月じゃん」とつっこまれる一幕もあった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top