キヤノンMJがビデオ管理ソフト「XProtect」の国内展開を開始 | RBB TODAY

キヤノンMJがビデオ管理ソフト「XProtect」の国内展開を開始

IT・デジタル セキュリティ

「XProtect」は多くのラインナップが用意されており、接続台数は1台から数万台まで制限なく対応する。カメラドライバーやソフトウェア自体のバージョンアップも常時行われ、最新環境が提供される点も特徴としている(画像は公式Webサイトより)
  • 「XProtect」は多くのラインナップが用意されており、接続台数は1台から数万台まで制限なく対応する。カメラドライバーやソフトウェア自体のバージョンアップも常時行われ、最新環境が提供される点も特徴としている(画像は公式Webサイトより)
 キヤノンマーケティングジャパンは14日、マイルストーンシステムズ社と、日本国内での同社製品の販売契約を締結したことを発表した。

 マイルストーンシステムズ社はネットワークカメラ映像を一括管理するビデオマネジメントソフトウェア「XProtect」を提供するデンマークの企業で、世界的にも大きなシェアを持つ。

 同ソフトは特定のメーカーに依存しないオープンプラットフォーム、マルチベンダー対応となっており、アナログカメラも含めた既存資産を利用できるのが特徴。2015年度のビデオ管理ソフトウエア市場では世界シェアNo.1だという。

 マイルストーンシステムズ社は2014年にキヤノンヨーロッパが連結子会社化することで、キヤノンのグループ企業となっている。キヤノンMJグループは同社製品の国内展開とともに、イメージングソリューション事業の専門チームを立ち上げ、ネットワークカメラ事業の強化・拡大を行っていく。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top