iPad Air 2の買取価格は? 今春発売のQua tab 02も人気【連載・今週の中古タブレット】 | RBB TODAY

iPad Air 2の買取価格は? 今春発売のQua tab 02も人気【連載・今週の中古タブレット】

北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオ全店のデータを集約した、最新の販売・買取ランキングを本稿で紹介していこう。調査期間は6月27日から7月3日までの1週間となっている(データ提供:株式会社ゲオ)。

IT・デジタル スマートフォン
iPad Air 2(左)とQua tab 02(右)
  • iPad Air 2(左)とQua tab 02(右)
  • 中古タブレット販売数ランキング
  • 中古タブレット買取数ランキング
 中古スマホ・タブレットを取り扱っているゲオでは現在、どんなタブレット端末に人気が集まっているのだろうか。北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオ全店のデータを集約した、最新の販売・買取ランキングを本稿で紹介していこう。調査期間は6月27日から7月3日までの1週間となっている(データ提供:株式会社ゲオ)。

■“販売”数量ランキングは?

 まずは中古タブレットの販売数量ランキングから。ドコモはAndroidタブレットがよく売れている。状態の良い中古良品「中古A」における販売価格(以下同)は、1位の富士通 ARROWS Tab F-05Eが12,800円、2位のSony Mobile Xperia Tablet Z SO-03Eが18,800円。auではAndroidタブレット、iPadシリーズがほぼ半々。1位のApple iPad mini Retinaディスプレイモデル <第2世代> Wi-Fi+Cellular 16GBは21,800円、2位の京セラ Qua tab 01 KYT31は12,800円。ソフトバンクではやはりiPadシリーズの販売量が多い。1位のSAMSUNG GALAXY Tab4は10,800円、2位のApple iPad mini Retinaディスプレイモデル <第2世代> Wi-Fi+Cellular 16GBは21,800円。

※中古タブレットの販売数ランキングを見る

■“買取”数量ランキングは?

 続いて、中古タブレットの買取数量ランキングを紹介する。ドコモタブレットの「中古A」における買取価格(以下同)は、1位の富士通 ARROWS Tab F-02Fが7,000円、2位のSony Mobile Xperia Tablet Z SO-03Eが8,000円となっている。ドコモのdtabにあたるものがauのQua tabだが、auのランキングでは1位に京セラ Qua tab 01 KYT31(3,300円)、2位にHuawei Qua tab 02 HWT31(3,500円)が入った。Huawei Qua tab 02 HWT31は2016年2月に発売されたばかりの製品だ。早くも手放す人が多い、という現実に驚かされる。ソフトバンクでは1位がApple iPad Air <第5世代> Wi-Fi+Cellular 16GB(17,000円)、2位がApple iPad Air 2 <第6世代> Wi-Fi+4G 16GB(18,000円)。

※中古タブレットの買取数ランキングを見る

■SIMフリー端末の販売・買取ランキングは?

 最後に、SIMフリーのタブレット端末について触れる。販売数量ランキングの上位は前週とほぼ同じ顔ぶれで、1位がApple iPad mini <第1世代> Wi-Fi 16GB(中古A 18,800円)、2位がApple iPad mini Retinaディスプレイモデル <第2世代> Wi-Fi 16GB(同 20,800円)。Google Nexus7 の新旧モデルもよく売れているようだ。買取数量ランキングも上位に変動はなかった。1位はApple iPad mini <第1世代> Wi-Fi 16GB(同9,000円)、2位はGoogle Nexus7 [2012]32GB(4,500円)。7位には2011年発売のApple iPad 2Wi-Fi 16GBがランクイン。5年以上も前の製品がまだ6,000円で売れるあたりに、iPadシリーズの息の長さを感じる。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top