「Windows 10」アップグレード論争は収束か? Microsoft、通知画面を改善へ | RBB TODAY

「Windows 10」アップグレード論争は収束か? Microsoft、通知画面を改善へ

「Windows 10」のアップグレード問題については、これまでさまざまな方面で散々議論されてきたが、ついに収束に向かうようだ。Microsoftが、多くのユーザーから不満を買ってきた通知ウインドウを改善予定であると、海外複数メディアが報じている。

IT・デジタル ソフトウェア・サービス
(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • Microsoftのサティア ナデラCEO(c)Getty Images
  • 「Windows 10の日」のキャンペーンロゴ
  • Microsoft(c)Getty Images
 「Windows 10」のアップグレード問題については、これまでさまざまな方面で散々議論されてきたが、ついに収束に向かうようだ。Microsoftが、多くのユーザーから不満を買ってきた通知ウインドウを改善予定であると、海外複数メディアが報じている。

■グローバルで物議を醸した「Windows 10」アップグレード論争

 ここまで、ソフトウェアのアップグレード問題が、グローバルで議論されたことはあっただろうか。

 Microsoftの次期基本ソフト「Windows 10」は、今年7月29日で無償アップグレード期間が終了するが、いまだアップグレードを拒否するユーザーは多数存在している。特に法人ユーザーは、業務で使用しているさまざまなソフトのサポート問題もあるので、なおさらだろう。国内外のいたるところで、「Windows 10」のアップグレードウインドウが意図せず出現し、最近ではもはや、笑い話として扱われつつある。

 そもそも、「今すぐアップグレード」と「ダウンロードを開始し、後でアップグレード」の二択しか存在しないというのはいかがなものか。ウインドウを閉じるボタンを押すと、ウインドウを閉じるどころかアップグレード寸前まで進んでしまうというのは、一種の“騙し”ともとれた。公式のアップグレード回避方法もあるが、極めて煩雑だ。

■消費者庁が注意喚起し、話題に

 最近では、こうした問題を重く見た消費者庁が、ユーザーに対してアップグレードに関する注意を記載したマニュアルを公開し、話題となった。
《KT》

関連ニュース

特集

page top