Evernote、有料プランを大幅値上げ……無料プランも2台までに制限強化 | RBB TODAY

Evernote、有料プランを大幅値上げ……無料プランも2台までに制限強化

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

「Evernote」ロゴ
  • 「Evernote」ロゴ
  • Evernote CEOのクリス・オニール氏
  • 新しい料金体系
  • Evernote、有料プランを大幅値上げ……無料プランも2台までに制限強化
 Evernoteは29日、有料プランである「Evernoteプラス」「Evernoteプレミアム」について、価格の改定を発表した。あわせて、無料プランの「Evernoteベーシック」についても、利用台数の制限が変更された。

 無料プランの「Evernote ベーシック」については、同期できる端末数が、従来の無制限から「2台まで」に変更される。台数には、スマートフォンやタブレットも含まれるため、「パソコン1台とスマートフォン1台」「パソコン2台」「スマートフォン1台とタブレット1台」でしか同期できなくなる。なお、有料版機能だった「パスコードロック(モバイル端末)」は、22日よりベーシックでも利用可能となっている。

 有料プランの「Evernote プラス」(月間アップロード容量1GBまで)については、従来の「月額240円または年額2,000円」から「月額360円または年額3,100円」に、「Evernote プレミアム」(月間アップロード容量10GBまで)については、従来の「月額450円または年額4,000円」から「月額600円または年額5,200円」に変更された。

 適用は同日の申し込み分より。すでに有料プランに登録しているユーザー、ベーシック版で3台以上の端末を現在使っているユーザーには、“移行期間”が設けられ、順次メールで連絡を行う予定だ。

 同社のクリス・オニールCEOは、今回の料金改定は「今後も長期的にEvernoteを改良し続け、ひいてはユーザのみなさんのEvernote体験をさらに進化させていくため」としている。これにより広告表示やデータの外部販売といった運営を行わないことを約束するので、「Evernoteに大きな価値を見出してくださる方には、私たちが必要な投資を行えるよう、ぜひ力を貸していただきたい」とコメントしている。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top