スマホで操作できる電動スケボー登場!ドローンのモーター技術を活用 | RBB TODAY

スマホで操作できる電動スケボー登場!ドローンのモーター技術を活用

ソフトバンクは27日、二子玉川蔦屋家電にて「+Style」の新商品を発表した。+Styleは、クラウドファンディングに成功した商品などを販売する消費者参加型のプラットフォーム。

IT・デジタル スマートフォン
電動スケートボード「E-GO2(イーゴーツー)」。付属のリモコンやスマートフォンの専用アプリでコントロールできる
  • 電動スケートボード「E-GO2(イーゴーツー)」。付属のリモコンやスマートフォンの専用アプリでコントロールできる
  • ドローンのモーター技術を使った省電力設計が特徴
  • 日本市場ではHOT PINK、COOL MINT、ROYAL WAVEの3色で展開する
  • 付属のリモコン。スマホのアプリでもコントロールできる
  • 最高時速は約20kmで、最大傾斜10度の坂道も登れる
  • 製品の仕様
 ソフトバンクは27日、二子玉川蔦屋家電にて「+Style」の新商品を発表した。+Styleは、クラウドファンディングに成功した商品などを販売する消費者参加型のプラットフォーム。

 「E-GO2(イーゴーツー)」は、ドローンのモーター技術を使った省電力な電動スケートボード。付属のリモコンやスマートフォンの専用アプリでコントロールできる。速度はスケートボードに乗りながら調整が可能。1回の充電で約4時間の走行(約30km相当)が楽しめる。

 最高時速は約20kmで、最大傾斜10度の坂道も登れるという。なお日本の法律上、公道では走行できない。サイズは909.93×284.94mm、重量は6.3kg。香港のYuneec(ユニーク)社が開発、日本国内ではCYBERBRAIN JAPANが販売する予定。

 なお、発売日や価格などについては現在未定。今後、クラウドファンディングとして出資を募る予定とのこと。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top