【今週のエンジニア女子 Vol.35】合っていたのがこの職業だった…島田理紗子さん | RBB TODAY

【今週のエンジニア女子 Vol.35】合っていたのがこの職業だった…島田理紗子さん

 今週のエンジニア女子は株式会社MCEAホールディングスの島田理紗子(しまだ・りさこ)さん。入社して2年6カ月。システム担当として、IT機器の管理全般、ならびに社内ニーズに応じたプログラムを組む業務などを行っています。

IT・デジタル その他
島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
  • 島田理紗子さん <撮影 米玉利朋子>
 今週のエンジニア女子は株式会社MCEAホールディングスの島田理紗子(しまだ・りさこ)さん。入社して2年6カ月。システム担当として、IT機器の管理全般、ならびに社内ニーズに応じたプログラムを組む業務などを行っている。

※ほかのエンジニアを見る

--- まずエンジニアを目指したきっかけを教えてください。

はじめからエンジニアを目指そうと思ったわけではないのですが、気が付いたら今のようになっていました。自分に合っていることがたまたまそれだった、という感じです。きっかけをあえて言うならば、中学生時代が始まりだったと思います。当時は無料レンタルサーバーが流行っていて、言語というものもわからなかった頃ですが、友達とHTML・CSSを書いてちょっとしたホームページを作っていました。

--- 現在どのような業務を行っていますか?

当社はフリーランスITエンジニアのコーディネート事業を展開する株式会社PE-BANKや、システム&WEBインテグレーション事業や『会議室ドットコム』などe-ビジネス事業を展開するアスノシステム株式会社などを傘下に持つホールディングカンパニーです。

私は総務部情報システム担当として、グループ社員のPCやモバイル端末の導入、設定、メンテナンスなど、業務で使用するIT機器の管理全般、ならびにPE-BANKと契約いただいているエンジニア向けにイベントや広報用のWebページの作成、イベントなどで使用するPepperのプログラミングや、社内ニーズに応じたプログラムを組む業務などを行っています。Pepperを使った業務では、要望を引き出すところから、画面設計・プログラミング・完成までほぼ一人で行っています。

閲覧者や使用者など、相手が心地よいものを作ること。顔が見えなくても相手がいることを忘れないようにしています。

--- いまの仕事を選んで良かったと思うことはなんですか?

最先端の様々な情報に関わることができ、実際に触ることができることです。「一億層活躍社会」とか「多様な働き方」がいわれる社会の要請に応える事業を目指している会社なので、常に時代の一歩先をいけるように変化を続けており、刺激があります。

--- 他の職業では体験できないことはありますか?

自分の手とパソコンがあれば、モノを生み出す過程から成長までを見守ることができることです。Pepperの場合、自分が組んだプログラムをうまく動かすことができたときには、まるで弟の成長を見るようで嬉しくなりますね。

--- 好きなプログラミング言語とその理由を教えて下さい。

RとPythonです。どちらもコードの書きやすさが好きです。私はしっかりとプログラミングを学んだわけではないので、この2言語は、まだプログラミングに触れたことない人にお勧めできるくらい取っつきやすい言語で、お気に入りです。どちらも今注目されている言語で、今後さらに注目され発展するといいなと思っています。

--- エンジニアなら読んでおきたいと思う本を推薦して下さい。

水野敬也著『夢をかなえるゾウ』。エンジニアだからこそ、というわけではないですが、ずっとこもって仕事をしていると煮詰まってしまうことも多いと思います。そんなときガネーシャの課題を思い出して実践できると、いろいろな壁も乗り越えられると思います。

--- どういった方がエンジニアに向いていると思いますか?

根性があって視野が広い人です。プログラミングをしていると必ず何かしらの壁に当たってしまうと思いますが、その壁を乗り越えるためにくじけず前向きにぶつかっていく根性が必要だと思うからです。ただ、独りよがりなプログラムを作らないために、ユーザーや仲間の意見などを取り入れられるように視野を広げることを忘れないのも大切だと考えています。

--- 今後はどのようなエンジニアを目指していきたいですか?

「これがあってよかった」「これを頼んでよかった」と言ってもらえるモノを作る人になりたいです。そのためにはやらなければならないことが山積みですが、常に一歩一歩ステップアップしていきたいと思います。


■ ひとくちメモ

Q. 貴方のビジネスツールで自慢の、またこだわりのあるものを教えてください。
A. 愛用のマウス、Sculpt Ergonomic Mouse(Microsoft)です。ずっとパソコンと向き合うので自分の手になじむマウスは欠かせません。

Q. お仕事帰りに寄るお店(居酒屋など)とおすすめメニューを教えてください。
A. 新宿(東京)にあるうどん屋「慎」。冷たい「かしわ天ざる」が一番のお気に入りです。日本酒もおいてあって、普通の居酒屋だとあまり飲めないモノもあったりします。

Q. よく遊ぶ場所
A. 秋葉原(東京)が多いです。買い物もちょっとした散策もだいたい秋葉原です。やっぱりオタクの聖地なので居心地がいいです!

Q. 好きな休日の過ごし方はなんですか?
A. 好きなアイドルのライブに行くことです。思いっきり叫んで動いて、エネルギーを使いつつ平日へのパワーチャージをしています。ライブがない日はだらだらとゲームしてることが多いですね。

Q. 最近行ってよかった映画、展示会、ライブ
A. 父と二人で「CAT ART美術館」に行きました。父とでかけることは滅多にないのですが、私が誘って一緒に観に行きました。題材がすべて有名な絵画や彫刻なので、“鑑定団”好きな父にもわかるネタが多く、帰宅中まで盛り上がることができてよかったです。

Q. お仕事と関係のない今はまっているアプリ
A. comicoを毎日読んでます。だいたい朝に読むことが多いです。毎日更新されるので、それを読むことが朝の日課になっています。

Q. 理想の男性像を教えてください。
A. 価値観が違ってもお互いの価値観を共有できる人、あとはお互いになにかしらの刺激を与え合える人がいいです。ずっと同じ毎日じゃ退屈しちゃいますし、お互いに成長しながら年を重ねて生きていきたいです。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top