重要施設の監視に最適!遠赤外線カメラ用光学3倍ズームレンズ | RBB TODAY

重要施設の監視に最適!遠赤外線カメラ用光学3倍ズームレンズ

タムロンは、セキュリティ用途などで使用される遠赤外線カメラ用として、VGA用ディテクター 17μmピクセルピッチ対応の光学3倍ズームレンズ「LVZ3X5016N」を、21日から発売することを発表した。

IT・デジタル セキュリティ
重量1,170g、前面はIP67の防水防塵性能を備えDLCレンズコーティングが施されているため、ハウジングに付加するゲルマ窓が不要となっている(画像はプレスリリースより)
  • 重量1,170g、前面はIP67の防水防塵性能を備えDLCレンズコーティングが施されているため、ハウジングに付加するゲルマ窓が不要となっている(画像はプレスリリースより)
  • 光学3倍ズームレンズ「LVZ3X5016N」の主な仕様(画像はプレスリリースより)
 タムロンは、セキュリティ用途などで使用される遠赤外線カメラ用として、VGA用ディテクター 17μmピクセルピッチ対応の光学3倍ズームレンズ「LVZ3X5016N」を、21日から発売することを発表した。

 遠赤外線カメラは光源の有無や天候の影響などを受けにくい撮影を行えるため、インフラや重要施設、設備監視などの用途で使われる監視カメラなどで広く採用されている。そうしたなか、同製品は既存のハウジングでの利用から、遠赤外線市場で使われることが多い形状のハウジングへの組み込み対応も可能だ。

 「LVZ3X5016N」は、光学ズームを採用することで画像処理時に起きる画質劣化を低減、ズーム全域での均一な明るさ維持し、前モデルと同一シリアルを使った通信制御、レンズ表面のコーティングなど、前モデルからより利便性を追求している点を特徴としている。

 50-150mm F/1.6の光学3倍ズームレンズは、同社が2014年に発売した35-105mm F/1.6 (LVZ3X3516N / LVZ3X3516A)に続くものとして、150mm以上の焦点距離における遠赤外線ズームレンズとしては、14日の発表時点では世界最軽量とのこと。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top