Googleの自動運転車、クラクションも鳴らせるように進化 | RBB TODAY

Googleの自動運転車、クラクションも鳴らせるように進化

Googleの自動運転車がまた1つ、次の段階に進んだようだ。開発チームは、マンスリーレポート上で、自動運転車の人工知能に、クラクションの鳴らし方を教えたと報告している。

IT・デジタル 科学・宇宙
Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleが公開した自動運転車に関するレポートより
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
  • Googleの自動運転車 (c)Getty Images
 Googleの自動運転車がまた1つ、次の段階に進んだようだ。開発チームは、マンスリーレポート上で、自動運転車の人工知能に、クラクションの鳴らし方を教えたと報告している。

 人工知能が学習したクラクションの鳴らし方は、主に2種類。1つは、大きな危険を感知した際の、長く大きなクラクション。これは、運転中に異なる車線のドライバーがはみ出してきた際など適用される。もう1つは、小さな危険を察知した際の、短く、小さなクラクション。パーキングなどで、前の車がGoogleの自動運転車の存在に気付かず、バックしてきた時などに適用される。

 さらに、マンスリーレポートでは、電気自動車全般の問題である、走行時の「音」の部分にも触れられた。電気自動車は、燃料を燃やして走行するわけではないため、一般的にガソリン車などと比較すると、走行時の音が静かだ。静音性は夜間の騒音問題等に有益な一方で、目の不自由な方や高齢者は、車の接近に気付くことができないなど、問題も多い。

 Googleの自動運転車ではこうした問題を回避するために、エンジンの駆動音や、動物の鳴き声など、擬似的な走行音がテストされた模様。走行時の「音」について、最終結論は明かされていないが、先述のクラクションといい、Googleはみんなに優しい自動運転車の開発を目指しているようだ。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top