ピース又吉「描かれていない部分でグッと」…『火花』を配信開始、Netflixで今日から | RBB TODAY

ピース又吉「描かれていない部分でグッと」…『火花』を配信開始、Netflixで今日から

エンタメ 映画・ドラマ

「火花」完成披露試写会
  • 「火花」完成披露試写会
  • 『火花』実写版キャスト(左から:波岡一喜、林遣都、門脇麦)
  • 著書「火花」を手に持つピース・又吉直樹 <撮影 田中>
  • ドラマ「火花」撮影現場
 ピース・又吉直樹の小説で芥川賞を受賞した『火花』が、Netflixによりドラマ化され、3日から世界190カ国で全10話が一挙に配信される。配信開始前日の2日に、東京臨海都心のZepp DiverCity TOKYOで完成披露試写会イベントが実施された。

 イベントに登場したのは主演の林遣都、波岡一喜をはじめとするキャスト、各話の監督、原作者である又吉直樹。挿入歌を担当したSPICY CHOCOLATEによるライブも実施された。

 林は「最強に頼もしい監督、寄り添ってくれたスタッフ、大好きなキャストで『火花』をやれて誇りに思う。一生自慢出来る」と自信の挨拶。波岡は「2時間後に世界配信されるというワクワクがドキドキを超えている」と、配信への思いを興奮気味に語った。

 総監督を務めた廣木隆一監督は「10本の中編が揃い満足のいく作品になった」、白石和彌監督は「『火花』に関わることができて監督として自信がついた」、沖田修一監督は「いち視聴者として本当に面白い作品」、久万真路監督は「1話から順番に撮影していったが、回を増すことに漫才が上手くなっていっている」、毛利安孝監督は「作品は誰かに感想を話して初めて成熟できる」と、作品について語った。

 原作者の又吉は全10話を観ての感想を「原作で描かれていない部分をどうするのかと思っていたが、その部分でグッとくるものがあった。『火花』は僕がたまたま文字にしたものだが、『火花』は僕だけのものではなくて、みんなが一緒にみていた風景なんだと気がついた。原作者として感動している。自分の頭で考えたものを自分で書いて、めちゃくちゃ才能ある人たちの手によって映像にしてもらえるのは、人生のご褒美」と述べた。

 漫才の演技について問われた役者の林は「舞台に立つのは怖かったが、好井(まさお)さんという信頼できる“怪物級”のパートナーと漫才をつくっていけたことが幸せだった」と、好井と漫才の練習に打ち込んだという。いっぽう波岡は「漫才の話で漫才が下手だったらどうしようもない。村田(秀亮)さんも“超人的”に漫才が上手いので村田さんの言う通りに進めていった」と、“怪物級”“超人級”の役者がいると語った。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top