羽生善治名人がコンピュータと対戦する日も近い!? 叡王戦に初エントリー | RBB TODAY

羽生善治名人がコンピュータと対戦する日も近い!? 叡王戦に初エントリー

IT・デジタル その他

羽生善治名人
  • 羽生善治名人
  • NHKスペシャルのナビゲーター役を務めた羽生善治名人(同番組公式サイトより)
 ドワンゴは23日、28日に開幕する第2期叡王戦に出場予定棋士を発表し、初めて羽生善治名人がエントリーした。

 「叡王戦」(えいおうせん)とは、現役のプロ棋士たちよる棋戦。段位別予選と本選を勝ち抜いた2名が決勝三番勝負を行う。勝者は「叡王」となり、コンピュータ将棋ソフトの対局「第2期電王戦」への出場資格を得る。エントリー制。決勝三番勝負は今年12月の開催を予定している。今回、初エントリーとなる羽生名人が「叡王」の称号を手にすれば、コンピュータとの対局がついに実現する。

 羽生名人は、15日にNHKで放送された「NHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』」でナビゲーター役を務め、AI(人工知能)の最前線を取材。羽生名人は同番組に携わり、「『これは人間しかできない』とか、『これはAIには出来ない』ということはないということを前提に考えているほうが、いいのではないかなと思います。」(同番組の公式サイト)とコメントするなど、AIの持つ大きな可能性について言及している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top