生田斗真、勢いある“ゆとり世代” と共演 | RBB TODAY

生田斗真、勢いある“ゆとり世代” と共演

エンタメ 映画・ドラマ

岡田将生、松坂桃李『秘密 THE TOP SECRET』
  • 岡田将生、松坂桃李『秘密 THE TOP SECRET』
  • 『秘密 THE TOP SECRET』
  • 岡田将生『秘密 THE TOP SECRET』
  • 松坂桃李『秘密 THE TOP SECRET』
  • 栗山千明『秘密 THE TOP SECRET』
  • 大森南朋『秘密 THE TOP SECRET』
  • 『秘密 THE TOP SECRET』
清水玲子によるミステリーコミックを実写化する『秘密 THE TOP SECRET』の完成報告会見が5月11日(水)、都内で行われ、主演の生田斗真をはじめ、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、大森南朋、大友啓史監督が出席した。

被害者の脳に残った記憶をスキャンする「脳内捜査」を専門とする警察庁の特別機関「第九」の捜査官たちが、精神崩壊の危険にさらされながら、迷宮入り事件の真相を暴き出す。第九室長を演じる生田さんは、「衝撃作であり、自信をもってお届けできる作品」と誇らしげ。現在放送中の「ゆとりですがなにか」に出演する岡田さん&松坂さんにはさまれ、「勢いある“ゆとり世代”と共演できてうれしかった」と語ると、「ゆとりですがなにか?」(岡田さん)、「それ、言っちゃうんだ?」(松坂さん)と息の合った掛け合いを見せた。

新たに第九に配属されるエリート捜査官を演じる岡田さんは、「自分にとって大きなチャレンジ。この役とともに、自分も大きくなろうと思った」と強い手応え。一方、松坂さんは捜査中に精神崩壊し、非業の死を遂げる捜査官を演じ「クランクインの日に、死んでいる演技だったので(笑)。役作りですか? 無になることでした」とふり返った。

栗山さんと大森さんは、“大友組”経験者で「自分が出た作品で、(鑑賞し)ここまで感動したことは初めて」(栗山さん)、「若い皆さん相手ですから、自分なりの色で勝負しようと思った」(大森さん)。『るろうに剣心 京都大火編』 シリーズの大友監督は、「るろ剣以前から温めていた企画。人間の記憶が、必ずしも事実を映さず、脳内で美化されている点が物語のポイント」と語り、本作のために開発したヘルメット型の“主観カメラ”については、「キャストの皆さんの視野や鼓動を表現したかった」と語った。

撮影中は実際に生田さんらが、カメラを装着した状態で演技に臨んだこともあり、エンディングクレジットには「脳内映像撮影」としてキャスト勢の名前を記載。生田さんは「こういう形で、カメラマンデビューするとは」と驚きの表情だった。

『秘密 THE TOP SECRET』は8月6日(土)より全国にて公開。

生田斗真、勢いある“ゆとり世代” 岡田将生&松坂桃李と共演し「うれしかった」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top