「噛ませ犬」として虐待受けたピット・ブル。保護して気づいたこと | RBB TODAY

「噛ませ犬」として虐待受けたピット・ブル。保護して気づいたこと

ライフ その他

「噛ませ犬」として虐待受けたピット・ブル。保護して気づいたこと
  • 「噛ませ犬」として虐待受けたピット・ブル。保護して気づいたこと
「噛ませ犬」として虐待を受けたピット・ブル。保護して気づいたこととは?


サウスカロライナ州の農村部で、重傷を負ったピット・ブルが発見されました。
ピット・ブルの周りには、複数の犬の死体があったことから、闘犬ショーの『噛ませ犬』として使われていた犬たちが悪徳業者に不法投棄されたようでした。

【関連記事】
【動画】ずり落ちそう!肩の上でスヤスヤ眠るニャンコ
【動画】コレが猫ホイホイか!? ソファをこするとやって来るニャンコたち
【動画】パソコンの奥にひそむニャンコが可愛すぎる







一匹だけ生きているピット・ブルを助けたいと思った発見者のローレンさんは、すぐにアニマルレスキューに連絡しました。
保護されたピット・ブルは『ランボー』と名付けられ、治療の日々が始まりました。













最初に行われた治療は、温浴でした。
ひどい虐待を受け、無数の傷のあるランボーですが、一切暴れることは無かったと言います。治療スタッフたちを信じているようでした。






ひどい虐待を受けたにも関わらず、尻尾を振ってスタッフを見つめます。





ランボーは、噛ませ犬として逃げられないように足を縛られ闘犬に噛まれていたため、最も重傷だったのが『足』でした。治療は難航しましたが、無事に終えることが出来ました。





この施設で、人の温かさに触れ、ようやく安心できる場所を見つけたランボー。













人間からひどい扱いを受けたにも関わらず、人間に対して攻撃的な姿勢を一切見せないその姿から、ランボーは心の奥底では人間のことが大好きなのだと感じました。

















ランボーの怪我が1日でも早く回復し、優しい里親さんに出会えますように。
これからは、安心できる場所で穏やかな日々を送っていってほしいですね。





【ペット生活関連記事】
かわいいけど頭もいい? お利口すぎるネコちゃんたち 画像10選
まるで友達!飼い主さんの『ハイタッチ』に応える猫にほっこり(o´∀`o)
ぎゅーっと! ぬいぐるみが大好きな、かわいいネコ達 画像9選
ペット生活

関連ニュース

特集

page top