大幅な小型軽量化を実現!簡単に使えるAED | RBB TODAY

大幅な小型軽量化を実現!簡単に使えるAED

IT・デジタル ハードウェア

大幅な軽量化を果たした「自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500」。専用のキャリングケースで簡単に持ち運ぶことができる(画像はプレスリリースより)
  • 大幅な軽量化を果たした「自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500」。専用のキャリングケースで簡単に持ち運ぶことができる(画像はプレスリリースより)
  • 除細動パッドを貼るタイミングで、LEDランプが点滅してどこに貼り付けるかを知らせてくれる(画像はプレスリリースより)
  • 自動セルフチェック機能を搭載しており、AEDが常に使える状態かどうかがひと目で分かる仕組みになっている(画像はプレスリリースより)
  • 操作に使うボタンは、電源ボタンとショックボタンのみ。初めて使う人でも迷わず使えることをコンセプトにしている(画像はプレスリリースより)
 オムロン ヘルスケアは携帯可能なコンパクトサイズのAED「自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500」を7月1日より発売することを発表した。

 重量約1.1kgと、同社従来機と比べて約33%軽量化されており、本体サイズも200x184mmと小型で、持ち運びが容易となっている。

 心肺停止後の救命処置は1分経過するごとに救命率が10%低下するといわれており、緊急時は迅速な対応が重要となる。誰でもAEDを的確に使用できることを念頭に設計されており、使用時には音声ガイダンスとともに、除細動パッドの貼り付け位置を本体上に案内表示する。

 操作ボタンは「電源ボタン」と「ショックボタン」の2種類のみのため、初めてAEDを使用するユーザーでも迷うことなく使用することが可能となっている。

 また、本体はIP56の防塵防水性能を備えており、専用のキャリングケースが付属されている。

 価格はオープンで、同社は1年間で1万台の販売を見込んでいる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top