「ブロックチェーン」による本人確認サービスを実証実験 | RBB TODAY

「ブロックチェーン」による本人確認サービスを実証実験

IT・デジタル セキュリティ

シェアリングサービスの本人確認情報を共有するシステムを提供する。同社は本人確認審査業務からカスタマーサポートまで含めた提供を行っていく(画像はプレスリリースより)
  • シェアリングサービスの本人確認情報を共有するシステムを提供する。同社は本人確認審査業務からカスタマーサポートまで含めた提供を行っていく(画像はプレスリリースより)
 ガイアックスは27日、「ブロックチェーン」という技術を活用して、複数のシェアリングサービスで共通の本人確認サービスを提供する実証実験を開始したことを発表した。

 そもそも「ブロックチェーン」とは、分散型ネットワークを指す技術。多数のノードに同一の記録が同期されるため、一般の消費者は各サービスごとに本人確認書類を提出することが不要となり、プラットホーム事業者側は本人審査作業が不要となるため、金融業界・Fintechの分野から注目を集めている。

 今回の実証実験では、さまざまなシェアリングサービス間に共通する本人認証サービスとして、「ブロックチェーン」を活用したシステムを提供していく。また、「ブロックチェーン」自体に高度な暗号化技術、セキュリティ技術が含まれており、個人のデータをより安全に管理し、簡単に利用できるようになるという。

 エンドユーザーのメリットとしては、オフラインで行っていた本人確認手続きを、スマートフォンアプリだけで利用できるようになるという手軽さが挙げられる。

 同社は、各種シェアリングサービスや自動車の相乗りサービス「notteco」などの本人確認審査や管理において活用し、同社のシェアリングエコノミーファンド出資先企業や一般社団法人シェアリングエコノミー協会に、安全性を高める提案として利用を働きかけていく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top