耐震工法の見学会、住宅型ショウルーム準備中に実施 5月 | RBB TODAY

耐震工法の見学会、住宅型ショウルーム準備中に実施 5月

IT・デジタル その他
「住宅型ショウルーム」の外観イメージ。同社が総合住宅展示場内にテクノストラクチャーの住宅型ショウルームを開設するのは初めて(画像はプレスリリースより)
  • 「住宅型ショウルーム」の外観イメージ。同社が総合住宅展示場内にテクノストラクチャーの住宅型ショウルームを開設するのは初めて(画像はプレスリリースより)
  • 「住宅型ショウルーム」の内観イメージ。広々とした空間や高い天井など、テクノストラクチャーの設計の自由度を体感することができる(画像はプレスリリースより)
  • 木と鉄の複合梁「テクノビーム」や1棟ごとに実施する高度な構造計算により、従来の木造住宅では難しかった大空間や斬新な外観デザインが実現可能(画像はプレスリリースより)
 パナソニック エコソリューションズは、「スマートハウジング 豊洲まちなみ公園」(東京都江東区)にて、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を理解できる「住宅型ショウルーム」を出展し、8月下旬から一般公開することを発表した。

 同社が総合住宅展示場内にテクノストラクチャーの住宅型ショウルームを開設するのは初めて。なお、8月の一般公開に先駆けて、住宅型ショウルームの完成後には見られない、テクノストラクチャーの構造を見学できる一般向け構造見学会を5月7日・8日に実施する。

 「テクノストラクチャー」は、木造住宅向けの工法で、木と鉄の複合梁「テクノビーム」や1棟ごとに実施する高度な構造計算により、外観デザインや間取りなどの自由度を提供しつつも、耐震性に優れている点が特徴となる。

 またZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅のこと。日本政府は2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現を目指すことを目標に掲げている。

 今回展示される住宅型ショウルームは、「安全で安心、健康に暮らせる」というコンセプトにテクノストラクチャーによるZEHを実現した「スマートウェルネス住宅」仕様で展示される。広々とした空間や高さ2.8mの天井など、テクノストラクチャーの設計の自由度を体感できるショウルームになる予定だという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top