犯罪抑止とテロ対策として東急線全車両に防犯カメラを順次設置へ | RBB TODAY

犯罪抑止とテロ対策として東急線全車両に防犯カメラを順次設置へ

IT・デジタル セキュリティ

防犯カメラの設置イメージ。防犯カメラが設置された車両内には日本語と英語で「防犯カメラ設置中」のステッカーが掲出され、利用客への周知と犯罪抑止を図る(画像はプレスリリースより)
  • 防犯カメラの設置イメージ。防犯カメラが設置された車両内には日本語と英語で「防犯カメラ設置中」のステッカーが掲出され、利用客への周知と犯罪抑止を図る(画像はプレスリリースより)
 東京急行電鉄(東急)は3月28日から順次、東急線の全車両に防犯カメラを設置していくことを発表した。

 この取り組みは、車内犯罪行為に対応するため、1車両に2ヶ所、車両端部の上方に設置されるというもの。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて全車両へ順次設置を行っていくそうだ。

 また、東急ではつり革盗難などの車内での犯罪行為が相次いでおり、防犯カメラの設置による抑止効果を期待している。

 利用客に対しては「防犯カメラ設置中」のステッカー掲示で周知を行っていくとのこと。

 また、録画されたカメラ映像は各車両に装備されているハードディスク上に保存され、約1週間周期で上書きし、閲覧できる社員を限定する形で運用を行っていく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top