斎藤工、SNSなき時代に嫉妬 「言葉に重み」 | RBB TODAY

斎藤工、SNSなき時代に嫉妬 「言葉に重み」

エンタメ 映画・ドラマ

斎藤工/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 斎藤工/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 成海璃子/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 遠藤新菜/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 中野ミホ/『無伴奏』初日舞台挨拶
  • 『無伴奏』初日舞台挨拶
直木賞作家・小池真理子の半自伝的恋愛小説を映画化した『無伴奏』の初日舞台挨拶が3月26日(土)、都内で行われ、主演の成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、矢崎仁司監督、主題歌を担当するバンド「Drop's」の中野ミホが登壇した。

学生運動が吹き荒れた1969年の仙台を舞台に、多感な女子高校生(成海さん)が喫茶店「無伴奏」で、大学生の渉とその仲間たちと出会い、大人への成長を遂げる青春ラブストーリー。成海さんは、清楚なイメージから一転、激しい思いを抱えるヒロインの葛藤と成長を体当たりで演じており、「いろんなものを背負った役柄なので、私も『背負うぞ』という覚悟で役に臨みました」と新境地を語った。

渉を演じる共演者の池松さんについては、「頼れる方で、たくさん助けてもらいました」。当の池松さんも、「そう言ってもらえるなんて、なんか素敵ですねえ」と照れながら、「成海さんは素晴らしかったし、共演した皆さんや矢崎監督、現場の皆さんも素晴らしかった」としみじみ語っていた。

斎藤さんは渉の友人・祐之介を演じ「自分の世界を持ったキャストが溶け合う作品。実年齢からは距離がある役柄でしたが、堂々と臨めばいいんだと教えられた現場だった」。さらに舞台となった70年代前後について、「いまのようにSNSや携帯電話がなく、人と交流するときも、自然と言葉に重みがあり、内面的に豊かな時代だったはず。やきもちを焼きたくなります」と嫉妬心。遠藤さんは「包容力があり、ミステリアスな要素も。すてきにリードしてくださったので、私も役でいられた」と共演した斎藤さんに感謝を示していた。

『無伴奏』は公開中。

斎藤工、SNSなき時代に嫉妬 「言葉に重み。内面的に豊かだったはず」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top