ディカプリオ来日、オスカー像はどこに? | RBB TODAY

ディカプリオ来日、オスカー像はどこに?

エンタメ 映画・ドラマ

レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』記者会見
第88回アカデミー賞で悲願の主演男優賞を手にしたレオナルド・ディカプリオが来日! 3月23日(水)、都内で行われた主演作『レヴェナント:蘇えりし者』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)の記者会見に出席した。

日本の地を踏むのは、2014年1月の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(マーティン・スコセッシ監督)来日プロモーション以来、2年1か月ぶり10度目で、もちろんオスカー受賞後は初めて。会見にはスチール250人、記者150人、TVカメラ50台、総勢500人の報道陣が駆けつけ、ついにオスカー像を手にしてディカプリオを熱烈祝福! ちなみにオスカー像は「自宅のリビングに飾ってあるよ」と明かしていた。

ディカプリオがハンティング中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負った上に、目の前で息子を殺され、復讐心をその胸に宿す主人公ヒュー・グラスを熱演した本作。ほとんどセリフがない難役に加えて、「バイソンの生レバーを食べた」「格闘シーンで鼻の骨を折った」といった過酷な役作りが高く評価されている。

オスカー獲得後の“変化”については、「まだ数週間前の出来事だから、俳優としてどう変わっていくかは未知の領域だね」と言葉を選んだが、「ただ、願わくば今後も変わることなく、夢や理想をとことん追求し、納得いく作品をつくっていければ。映画という芸術が大好きだからね。賞はありがたいけど、目的ではないし」と俳優としての揺るがぬポリシーを語った。

ディカプリオの主演男優賞受賞に加えて、 イニャリトゥ監督が史上3人目となる2年連続の監督賞、エマニュエル・ルベツキが3年連続の撮影賞に輝いており、「いまふり返っても、どう撮りあげたのか分からないほど、とてつもない作品。永遠に残る芸術作品であり、僕にとっては誇りなんだ。撮影というよりは、壮大な旅をした気分だよ」と手腕を発揮したクリエーターを讃えていた。

今回の来日で楽しみにしていたのは、桜だそうで「何度も日本に来ているけど、桜のシーズンは初めて。ちょうど開花したと聞いて、喜んでいるよ」と満面の笑み。また、本作とも深い結びつきがある環境問題について熱弁する場面もあった。

『レヴェナント:蘇えりし者』は4月22日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

レオナルド・ディカプリオ、オスカー受賞後初来日! 報道陣500人集結で熱烈祝福

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top