大泉洋、ライバルはディカプリオ「僕らの方が早い」 | RBB TODAY

大泉洋、ライバルはディカプリオ「僕らの方が早い」

エンタメ 映画・ドラマ

大泉洋/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 大泉洋、有村架純/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 有村架純/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 花沢健吾/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 大泉洋、有村架純/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 有村架純/『アイアムアヒーロー』完成報告会見
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見
映画『アイアムアヒーロー』の完成報告会見が3月21日(月)に行われ、主演の大泉洋をはじめ、有村架純、原作者の花沢健吾、佐藤信介監督らが出席。大泉さんは会見中、何度もレオナルド・ディカプリを意識した発言を連発し、本場アメリカのオスカー受賞に意欲を見せた。

累計発行部数600万部突破の人気漫画の映画化。原因不明の感染で人々が“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれる理性を失って人を襲う状態になった世の中で、戦う漫画家アシスタントの鈴木英雄、彼が偶然出会った女子高生の比呂美らの姿を描く。

原作は、過激な描写の連続ゆえ、実写化不可能と言われていたが、従来の東宝映画らしからぬ大胆な描写を躊躇なく取り入れ、すでにシッチェスカタロニア国際映画祭、ポルト国際映画祭、そして米テキサス州で開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で観客賞を受賞するなど、エンターテイメントとしての質の高さを観客から認められている。

佐藤監督はこの原作を映画化する上で「『ここ妥協したね』というのがないようにやって、みんなを驚かせたかった」と語るが、大泉さんもその言葉にうなずき「『日本でやるとこうなるのね…』というガッカリした感じにしたくなかった」と並々ならぬ決意で臨んだと語る。それだけに、これだけ海外の国際映画祭で評価されることについて「誇らしかったです。日本でもこれだけできるんだ! と。世界で見てほしいと思った」と胸を張る。

有村さんは脚本を読んで「誰も答えが分からない役で、楽しみが膨らみました」と明かすが、実際の撮影でも「初めてのことだらけで、毎日が刺激的でした」とニッコリ。「タクシーがひっくり返る事故のシーンは韓国のスタジオで撮ったんですが、アトラクションに乗っているようで笑っちゃいそうなくらい楽しくなっちゃって(笑)」と楽しんだよう。
また、大泉さんは海外の観客の劇場での楽しみ方にも言及。ゲラゲラと大笑いしたり、声を出したりなど日本とは違って感情を思いきり出して楽しむ観客が多かったようだが「こんなに盛り上がって観るものなのか! と教わった」と感嘆。「スポーツのパブリックビューイングを楽しむように見てもらえたら」と語る。

さらに大泉さんはノリノリで「最終的にはアカデミー賞受賞を視野に」と語るが、大泉さんの言うアカデミー賞は日本アカデミー賞ではなく、本場アメリカのオスカーのこと! ネットでは今年、悲願のオスカーを獲得したレオナルド・ディカプリオが受賞作『レヴェナント 蘇りし者』の中で見せる銃を構える画が、本作の大泉さんの猟銃を構える図と似ているという指摘も! 大泉さんは「やられたなと思いました。僕らの方が早いです」と語り、ポルト国際映画祭での舞台挨拶での出来事として「僕が『クリスティアーノ・ロナウドです』と挨拶したら『ディカプリオ!』と言った人がいた!」と証言。「同じ画格で撮っているから」大泉さんの来年のオスカー受賞の可能性は「ある!」と力強くうなずいていた。

また、タクシーの横転シーンに関しても、大泉さんは実際に、転がるタクシーに同情していたと告白! 「僕じゃないと乗れないですよね。無傷でした! 有村ちゃんには『お前はやめとけ』と止めました。未来のある子だから。監督には『僕は乗せてください』と言いました」とまくしたて、会見はもはや大泉さんの独壇場! 最後に「あまり嘘はいけないですよね…」と苦笑交じりに語り、会場は笑いに包まれた。

『アイアムアヒーロー』は4月23日(土)より公開。

大泉洋、レオ様を意識! 銃を構えるシーン酷似に「やられた!」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top