トム・ハンクス×イーストウッド監督、9月日本公開! | RBB TODAY

トム・ハンクス×イーストウッド監督、9月日本公開!

エンタメ 映画・ドラマ

『ハドソン川の奇跡』 (C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved 『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』発売中/C.サレンバーガー著 静山社文庫刊
  • 『ハドソン川の奇跡』 (C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved 『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』発売中/C.サレンバーガー著 静山社文庫刊
  • 『ハドソン川の奇跡』 (C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved
  • クリント・イーストウッド-(C)Getty Images
  • トム・ハンクス-(C)Getty Images
大ヒット作『アメリカン・スナイパー』のクリント・イーストウッド監督が、『ブリッジ・オブ・スパイ』のトム・ハンクスを主演に迎え、真冬のニューヨークで一歩間違えれば大惨事となっていた実話を基に描く『ハドソン川の奇跡』(原題:Sully)が、9月24日(土)より日本公開されることが決まった。

2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空1,000メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。高速で墜落する70トンの機体。未曽有の大惨事を救った、生死を分けた30秒――。そのとき、何が起きたのか…?

TwitterをはじめとするSNSが人々の生活に浸透し始めたころ、あっという間に拡散され、全世界が目撃することになった“ハドソン川の奇跡”を描く本作。基になったのは、その当事者サレンバーガー機長の手記『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』(静山社文庫刊)。航空旅客機史上最大の非常事態の中、制御不能となった飛行機をハドソン川に不時着させ、乗客・乗員“全員生存”という生還劇に隠された真実を、常に映画を通じて時代と寄り添ってきたイーストウッド監督がその独自の視点で映画化。

これまで、東西冷戦下に米ソのスパイ交換を成功させた弁護士やあのウォルト・ディズニーなどを演じてきたトム・ハンクスが、その“奇跡”を起こし、全米で“国民的英雄”と称されたサレンバーガー機長に扮している。

イーストウッド監督といえば、米軍史上最強と謳われた伝説の狙撃手クリス・カイルの真実を衝撃的に描いた前作『アメリカン・スナイパー』が、昨年度第87回アカデミー賞にて6部門ノミネート、世界興行収入は5億4,700万ドル(約600億円 ※1ドル=110円換算)を超え、イーストウッド監督作品史上最大のヒットに。日本でも興行収入22億円を突破し、第39回日本アカデミー賞「最優秀外国作品賞」を獲得するなど、85歳にしてもなお映画界を席巻する。

その巨匠が歩みを止めることなく、新作として選んだ題材が、9.11後のニューヨークに“奇跡”を灯した驚愕の実話。スクリーンでその“奇跡”を目撃する日を、楽しみにしていて。

『ハドソン川の奇跡』は9月24日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

トム・ハンクス×イーストウッド監督『ハドソン川の奇跡』、9月日本公開決定!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top