ウーマン村本、“苦手”小倉智昭キャスターとの共演裏話 | RBB TODAY

ウーマン村本、“苦手”小倉智昭キャスターとの共演裏話

エンタメ その他

村本大輔(ウーマンラッシュアワー)写真:稲葉
  • 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)写真:稲葉
  • ウーマンラッシュアワー
 ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、“苦手な司会者”として名前を挙げた小倉智昭氏と番組共演した際の裏話を明かした。

 村本は過去に出演したTBS系「ジョブチューン」で、苦手な司会者を聞かれた際に、フリーアナウンサ―宮根誠司氏と小倉氏の名前を挙げていた。小倉氏を“苦手”とする理由は、「THE MANZAI」優勝後に出演した「とくダネ!」で漫才を披露した際、それを見ていた小倉氏の顔が「殺人現場を見てる時の顔」だったとして、「この恨み…」とネタとして話していた。

 その小倉氏と28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で共演した村本。しかも席は隣同士だった。

 村本は29日深夜放送のラジオ番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」でその共演時のエピソードを披露。事前に楽屋へ謝罪に行くべきか迷っていたが、司会の東野幸治から「本番中に言ってやる」と番組のネタにすることになったという。

 実際に収録では東野のイジりによって、村本と小倉氏が「おれのこと嫌いなの?」「すぐに笑いにくい空気作るじゃないですか」などとやり合う場面があったという。オンエアはされなかったが、村本は「ドッカンドッカンとウケて。小倉さんも優しいから笑ってくれて。おもしろおかしくツッコんでくれたりして」とその時のスタジオの様子を明かした。
《花》

関連ニュース

特集

page top