SECURITY SHOW見どころ/住宅からオフィスまでさまざまな出入り口を守る機器の数々 | RBB TODAY

SECURITY SHOW見どころ/住宅からオフィスまでさまざまな出入り口を守る機器の数々

エンタープライズ セキュリティ

アイホンの「ROCOワイドスマホ」のシステム構成。他にも集合住宅向けのインターホンシステム「VIXUS」や、IPネットワークに対応した「IXシステム」などの展示も行われる(画像は公式Webサイトより)
  • アイホンの「ROCOワイドスマホ」のシステム構成。他にも集合住宅向けのインターホンシステム「VIXUS」や、IPネットワークに対応した「IXシステム」などの展示も行われる(画像は公式Webサイトより)
  • ホーチキの「id・Techno nano」は1扉から導入可能な入退室管理システム。非接触カードリーダー(FeliCa方式)と電気錠の制御機能を内臓し、導入・運用が容易だ(画像は公式Webサイトより)
 3月8日から11日にかけて東京ビッグサイトで開催される「セキュリティショー2016」。年に1度のセキュリティ・防犯に関する国内最大規模の展示会ということもあり、各社が注力する新製品、新サービスが展示される。

 今回は、建物の出入口には欠かすことができない、インターホンを手がけるアイホンと、オフィスなどの入退室管理システムを提供するホーチキの見どころを紹介していこう。

 まず、アイホンブースでは、スマートフォンと連動して親機から離れた場所でもスマートフォンで応対したり、ブラウザ搭載により管理会社などからメッセージを送信できる集合住宅インターホンシステム「VIXUS」や、戸建て住宅向けのスマートフォン連動テレビドアホン「ROCOワイドスマホ」、「人物検知」と「2つのパッシブセンサー」のトリプルセンサーでセキュリティを強化する「ROCOタッチ7」などの住宅向けインターホンを展示。

 また、距離や台数の制約なしに広域拠点間の連絡や出入り口応対、映像監視などを実現する「IXシステム」も展示。「IXシステム」はIPネットワーク対応なので、これまで別々に運用されてきた他社製ネットワーク製品とインターホンの連携が可能だ。

 一方のホーチキは、非接触カードリーダーと電気錠の制御機能を内蔵した「id・Techno nano」など、入退室管理システム「id・Techno」シリーズの展示を行う。1扉のみから複数のテナント・オフィスの入退室まで、個人情報保護法への対応やマイナンバー管理といった顧客のニーズに合わせて導入・運用が可能だ。

 セキュリティ市場のなかでも建物のエントリー部においては、手軽さとセキュリティを両立する製品・システムが多数登場している昨今だが、今回紹介した両社の製品もそうしたトレンドを受けており、実機を見ながらその利便性やセキュリティ面への配慮を体感することができるだろう。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top