MVNOサービス「TONE」、2017年3月までに全国のTSUTAYA200店舗に拡大 | RBB TODAY

MVNOサービス「TONE」、2017年3月までに全国のTSUTAYA200店舗に拡大

IT・デジタル モバイル

販路拡大に向け新CMもオンエア開始し、「親子割」キャンペーンも実施する
  • 販路拡大に向け新CMもオンエア開始し、「親子割」キャンペーンも実施する
  • 「TONE」で販売されているオリジナルスマートフォン「TONE m15」
  • 「TONE m14」
 TSUTAYAとトーンモバイルは26日、トーンモバイルのMVNOサービス「TONE」の販売店舗を、2017年3月までに全国のTSUTAYA200店舗に拡大すると発表した。

 「TONE」は、2015年5月5日のSHIBUYA TSUTAYAを皮切りに、2016年2月26日までに全国のTSUTAYA14ヵ所で展開中。これを今後1年間で200店舗にまで拡大する。

 また、2月26日からは坂口健太郎を起用した新CMもオンエア開始。「母へのプレゼント」をテーマに、親子や家族で安心して使えるスマートフォンサービスの世界観を演出する。このCM開始にあわせ、2月26日からは初期費用3,000円と月額基本料3ヶ月分3,000円が割引となる「親子割」キャンペーンを開始した。同一名義でTONEを2台以上、同時に申し込みしたユーザーが対象で、期間は2016年3月31日まで。

 「TONE」は、トーンモバイル(旧社名フリービットモバイル)とTSUTAYAの運営会社カルチュア・コンビニエンス・クラブによるMVNOサービス。「TONE m14」、「TONE m15」というオリジナルAndoridスマートフォンも販売している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top