「デスノート 2016」ベルリン映画祭で大反響!映画専門誌の表紙にも登場 | RBB TODAY

「デスノート 2016」ベルリン映画祭で大反響!映画専門誌の表紙にも登場

エンタメ 映画・ドラマ

映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙
  • 映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙
  • 「デスノート 2016」に出演する池松壮亮、東出昌大、菅田将暉
  • 「デスノート 2016」青井さくら役の川栄李奈
  • 映画「デスノート 2016」
 シリーズ完全新作として注目を集める映画「デスノート 2016」。2月11日から21日まで開催された「第66回ベルリン国際映画祭」では世界に向けたセールスが行われ、各国のバイヤーから熱視線が注がれた。

 同映画祭のために制作されたスペシャルムービーが上映されるやいなや、「本編が見たい!」と何度も同作のブースに足を運ぶバイヤーが続出。ハリウッド大作を中心に買い付ける会社をはじめ多数の問い合わせがあったほか、韓国のバイヤーの間では同作の話題で持ちきりだという。

 また、映画祭初日に配布された有力映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙を飾った「デスノート 2016」。表紙に使われたのは世界初解禁の新画像で、池松壮亮演じるLの後継者・竜崎が”ひょっとこ”の面を被り、真っ白な空間で座っているビジュアルだ。”ひょっとこ”といえば、前作「DEATH NOTE」でLが夜神月に会うときに被っていたアイテムということもあり、なぜ竜崎は”ひょっとこ”の面を被っているのかと様々な憶測と議論を呼んだ。また、床面に書かれた「The new saga begins」(新たな伝説の始まり)という文字にも注目が集まり、用意された約1万部が瞬時になくなる異例の現象も起こった。

 世界中から注目を集めている同作は、2003年にコミックとして誕生した「デスノート」シリーズの完全新作映画。夜神月とLの死から10年が経過した世界が舞台で、「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という”6冊ルール”を軸に究極の頭脳戦が繰り広げられる。これまでに主演の東出昌大ほか、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈が出演することが発表されている。

 映画「デスノート 2016」は2016年秋に公開。
《木村》

関連ニュース

特集

page top