この心地よさはクセになる!サムスン「Galaxy S7 edge」のエッジ操作に触れてきた【MWC 2016 Vol.23】 | RBB TODAY

この心地よさはクセになる!サムスン「Galaxy S7 edge」のエッジ操作に触れてきた【MWC 2016 Vol.23】

IT・デジタル フォトレポート

サムスンの新フラグシップスマホ「Galaxy S7 edge」
  • サムスンの新フラグシップスマホ「Galaxy S7 edge」
  • 表側だけでなく、裏側も微妙にカーブしている
  • リアは光沢処理
  • 「Edge UX」の画面を引き出したところ
 サムスンが「MWC 2016」(スペイン・バルセロナ)を舞台にフラグシップスマートフォン「Galaxy」の新製品を発表した。ディスプレイの両サイドが緩やかにカーブするエッジスクリーンを採用する「Galaxy S7 edge」のエッジに触れてきた。

 画面の上側・エッジ側に表示されている白いベロに指で触れて、画面の中央側にスワイプして引き出すと、よく使うアプリへのショートカットやニュースリーダーなど登録したウィジェットなどにより効率よくアクセスできるようになる「Edge UX」が特徴だ。カーブドデザインのスクリーンが、手に持った時のフィット感を高めてくれるようだ。

《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top