スマホとWi-Fiで接続できるミニプロジェクターがキヤノンから登場 | RBB TODAY

スマホとWi-Fiで接続できるミニプロジェクターがキヤノンから登場

IT・デジタル その他

スマホやPCとWi-Fiで接続できるミニプロジェクター「C-10W」
  • スマホやPCとWi-Fiで接続できるミニプロジェクター「C-10W」
  • 「C-10W」ブラックモデル
  • 11cm四方と小型のプロジェクターだ
 キヤノンは21日、スマートフォンやPCとWi-Fiで無線接続できるモバイルプロジェクタ「C-10W」を発表した。発売は2月上旬で、予想実売価格は49,800円前後。

 本体サイズ縦111mm×横111mm×高さ17.2mm、重量260gと小型軽量な同社の「miniProjector」シリーズの第2弾製品。前モデルの「C-5」になかったWi-Fi対応で、解像度も854×480ピクセルに強化された。Airplay、Miracast、DLNAといった機能を搭載しており、スマートフォンやPCの画面を投射できる。

 最大入力解像度はフルHD(1,920×1,080ピクセル)、アスペクト比は16:9、光源はLEDで明るさは最大100ルーメン、0.7Wのスピーカー2基を搭載する。約5mで158型相当の画面を投影でき、バッテリ搭載で約1.5時間のバッテリ駆動が可能。台形補正機能は搭載されない。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top