misono、姉・倖田來未の曲歌って反省 「もう二度と歌わない」 | RBB TODAY

misono、姉・倖田來未の曲歌って反省 「もう二度と歌わない」

エンタメ 音楽

misono《撮影 大野雅人》
  • misono《撮影 大野雅人》
  • misono《撮影 大野雅人》
 歌手でタレントのmisonoが、姉で歌手の倖田來未の楽曲をテレビ番組で初披露したものの、倖田ファンに迷惑を掛けたとして「もう二度と歌わない」とした。

 misonoは9日放送のテレビ東京系「THEカラオケ★バトル」に出演し。「最強女子ボーカリスト」と決める戦いで、テレビで初めて倖田來未の曲「愛のうた」を歌ったが、カラオケマシンによる採点で負けてしまった。

 11日に更新したブログで同番組について振り返り、「いやっ久々に『misonoって、こんなに歌ヘタだっけ』って言われた(笑)」と周囲の反響を明かしたmisono。倖田の曲で勝負して負けたことに、「お恥ずかしい!ただでさえ、家族&ファンに、迷惑かけてるのに…すみませんでした!」と平謝り。自身は姉の曲がテレビで流れて多くの人に聞いてもらえるだけで満足だったが、「お姉ちゃんが、大事に想ってる倖田組の皆様の事は、自分も大切にしたいし…なのに、自分が出る事によって、組員の皆様に、不快感を与えてしまってるから、本当に、申し訳ないので!」との思いを明かし、「もう二度と歌わないから安心して下さい」と宣言した。
《花》

編集部のおすすめ記事

特集

page top